Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

映画

単なるカルト映画ではない『マングラー』(1995年)

毎年恒例のホラー秘宝まつりに参加 トビー・フーパーが亡くなった。毎年恒例で参加している、キネカ大森の「ホラー秘宝まつり」。今年で第4回となり、気になった映画はマメに見に行ってるのだが、26日土曜に観たのが、トビー・フーパーの『マングラー』(199…

初対面で好きな映画を聞かれたら、どう答えるのがベスト??

ロケットニュース24にこんなニュースがあがっていた。初対面で好きな映画を聞かれても『時計じかけのオレンジ』と答えない方がいい理由 | ロケットニュース24 正直に言うが、心の浅ましい私の場合『時計じかけのオレンジ』と答えられたら、 「めんどくせえヤ…

『攻殻機動隊』と『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』と『ゴースト・イン・ザ・シェル』のオレの因縁

ハリウッド版「攻殻機動隊」こと、スカーレット・ヨハンソン主演の「ゴースト・イン・ザ・シェル」を鑑賞してきた。最初に述べておくと、私は士郎正宗の漫画版『攻殻機動隊』(1991年)ファンである。漫画版『攻殻機動隊』を知ったのは、当時西日本新聞で米…

本日の1曲

・Queen - Don't Stop Me Now(1978年) 個人的に、最近クイーンブームがやってきてよく聞いている。

映画「ハードコア」が超絶面白かった

ああ、この映画が観たい! 封切前が待ち遠しい……という作品はあまりない。直近では、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(2015年)だった。ポスターが映画館に貼られ始めると、「マックス! はやく会いたい」と思って周り言うも、反応はイマイチで悲しか…

『ラ・ラ・ランド』がツマラナかった3つの理由

ミュージカル映画が苦手……という人が意外と多いけれど、私は好きですよ。好きなミュージカル映画は何? って聞かれたら、以下の作品をあげます。『オズの魔法使い』(1932年) 『王様と私』(1956年) 『サウンド・オブ・ミュージック』(1965年) 『ロッキ…

「君の名は。」がヒットした理由を2ちゃんねらーが答えてくれました

私が昨日書いたこのエントリーに対して2ちゃんねらーの人が回答してれました。【批評】映画「君の名は。」を観たがつまらなかった… あまりにもご都合主義の連続、甘い設定、意外性のないストーリー [無断転載禁止]©2ch.netスレ建てしてくれたのは嬉しいけど…

映画「君の名は。」を観たぞ! つまらなかったぞ(ネタバレなし)

ダメな映画には2種類ある。愛すべきダメな映画と、金と時間を返せと叫びたくなる映画である。愛すべきダメ映画はレビューを書きやすい。なぜなら、良くも悪くも印象的なシーンや心を動かされる場面があるからだ。一方、金と時間を返せ映画は、感想を書きづら…

日本の中世を舞台にした「Kubo and the Two Strings」

たまたま以下の動画を見たんだけど、このストップモーション映画の制作風景が面白い。なんの映画だろう? と調べてみると「コープスブライド」や「コララインとボタンの魔女 3D」を作成している、スタジオ「ライカ」の作品。海外では8月公開で評価は高いよう…

精力絶倫のウサギ魔人に追われる王道B級ホラー「バニー・ザ・キラー」(2015)

北欧といえばアホな映画が多いイメージがある。実はトロールが生きていた!でお馴染みの名作「トロール・ハンター」(2010年 ノルウェー)。ナチスは滅びていない! 月の裏側に逃げて地球への復讐を狙っていた!!「アイアン・スカイ」(2002年 フィンランド・…

佐村河内守氏を扱ったドキュメンタリー映画「FAKE」が超絶面白い

ゴーストライター問題で日本中から注目を集めた音楽家「佐村河内 守」。彼に対して密着取材を行ったドキュメンタリー映画「FAKE」を観てきました。監督は鬼才「森達也」。この映画は無茶苦茶面白い。観た後に、人とこの映画について話したくなる作品だ。私も…

貞子始球式

YouTubeのコメント欄がインターナショナルすぎて面白い。

ドクとマーティーが2015年のTVショーに出演

アメリカのABCで放映されているトークショー「ジミー・キンメル・ライブ!」(Jimmy Kimmel Live!)。10月22日、ドクとマーティーが過去から現在にやってきて出演したようだ。以下、@AgentsofHYDRAJさんの解説デロリアンでジミー・キメルのトークショーに辿り…

「マーターズ」を観ずして鬱映画を語ることなかれ

「後味最悪、、、 観て、落ち込む映画BEST10」というエントリーが人気なんだけど、読むと凄くモヤモヤする内容なんだよね。ストーリーはすべてAmazonから引用、感想は数行、作品のセレクトもイマイチ……。 ハウス食品の「うまかっちゃん」しか食べたことがな…

【追記あり】映画『進撃の巨人』樋口真嗣監督が「超映画批評」に試写案内を送った担当にぶち切れ…が漏洩

映画『進撃の巨人』樋口真嗣監督が、Facebookで友人限定閲覧で愚痴を書き込んだところ、さっそくソレが2ちゃんねるに転載されるという事件が発生しております。私も「超映画批評」が大嫌いなので、監督の気持ちがよーーーーーーくわかります。 しかし、Faceb…

お勧め韓国映画『新しき世界』がGYAO!で無料公開中

個人的に大プッシュしている、韓国映画『新しき世界』 男の友情と美学が爆発する「新しき世界」(2013年) - Hagex-day infoなんと、この映画がGYAO!で期間限定で公開中。ぜひ観ましょう!新しき世界|無料動画 GYAO!|映画

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」が人気すぎて俺氏驚愕

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」こと、マッドマックス4を観に行ったんですよ、「4DX」で。4DX知っている? 映像に合わせて座席が動く&衝撃、水・匂い・煙が出る、フラッシュは点滅するという、人間の五感に訴えかけるドラえもんが出したようなシアタ…

俺と「フルメタル・ジャケット」

土曜日の夜。池袋に向かう電車のなかで「アメリカン・スナイパー」の原作を読んでいた。500ページもある分厚い本だけど、面白いので残りのページがガンガン減っていく。映画「アメリカン・スナイパー」は、魅力ある映画だったけど、鑑賞後はとてもモヤモヤす…

映画「トゥモローランド」の予告が公開

日記に書いてませんが、3月は映画をよく見てます。リバイバルが中心ですが……菅原文太はええ役者だったな~(涙)。てなわけで、日本では6月6日公開予定、ジョージ・クルーニー主演の映画「トゥモローランド」が公開されてますが、凄く面白そう!

本日の1曲

・Charli XCX - Boom Clap(2014) イギリスのシンガーソングライター「Charli XCX」(チャーリー・エックス・シー・エックス)の昨年のヒット曲「Boom Clap」。PVを見ていると、「なぜオランダ?」と思うけど、この曲は映画『The Fault In Our Stars』(邦…

アニメ監督「今敏」の命日に4作品イッキミしてきた

2010年8月24日に膵臓癌によって、46歳の若さで亡くなったアニメ監督今敏。昨日は、今氏の命日で、それを記念して、お台場メディアージュで「今敏監督作品イッキミ」という12時~20時までの時間で、「PERFECT BLUE」「千年女優」「東京ゴッドファーザーズ」「…

登場人物がみんなキチガイの「渇き。」を観たよ

名作「告白」の中島哲也監督が、はてなダイアラーで小説家の深町秋生氏(http://d.hatena.ne.jp/FUKAMACHI/)の「果てしなき渇き」を映画化! 「告白」はすんごいカタルシスが得られる映画だったけど、「渇き。」は出てくる人がみんな狂っていて面白かった。…

7月はスクリーンで26本の映画を観ました

2014年7月は今までの人生の中で、劇場で一番多く映画を観た月だった。その昔、300人劇場でやっていた「深作欣二特集」のころも、頑張って通ったけど、ここまでは観てなかった。 やっぱり映画はスクリーンで観るに限る。 なんでこんなに多く観たかというと、…

最近の映画監督はモテモテじゃないらしい

キネカ大森で開催されている「夏のホラー秘宝祭り」に足繁く通っている。 毎日最終上映後に「ホラーしゃべり場トークショー」として、プロデューサー&監督、映画ライターなどが登壇し、トークショー&観客からの質疑応答をしている。このトークショーが面白…

男の友情と美学が爆発する「新しき世界」(2013年)

先日紹介した韓国映画「人喰猪、公民館襲撃す!」は、個人的にちょーー面白かったけど、傑作ではない。じゃ、韓国映画の傑作をあげろ! と言われたら「新しき世界」をあげる。どんなストーリーかというと……

ホラーでなく秀作コメディ「人喰猪、公民館襲撃す!」(2009)

2009年公開の韓国のパニック映画「人喰猪、公民館襲撃す!」をキネカ大森に観に行ったんですよ。「夏のホラー秘宝まつり」のスタンプカードがすでに一杯になり、係りの女性から「凄いわね~」と褒められ、もう一人のもぎりの女性からチケットを渡されたんだ…

盲目の殺人目撃者「ブラインド」(2011年)

韓国政府は嫌いですが、韓国映画はクオリティが高くて好きです。最近スクリーンで、韓国映画を集中的に観て、どれもレベルが高くて腰が抜けているHagexです。 てなわけで、これから数日韓国映画の紹介をしていきたいと思います。基本はネタバレなしですが、…

痛い痛い映画「嘆きのピエタ」(2012)

昨日、池袋の文芸座で韓国映画「嘆きのピエタ」のリバイバル上映を観てきました。監督はキム・ギドク。キム・ギドクってよく鬼才、鬼才! って言われてるけど、今まで観たことはなく、この映画を観て、「ああ、なるほど……」と納得。 ネタバレは書いてないけ…

マチェーテ・キルズが日本公開

昨年10月にこの日記にも書いたけど、ボンクラ映画『マチェーテ・キルズ』がついに日本公開。3月1日から。 観ると偏差値が低くなる映画なので、必見です。しかし、最後のアレはないよな~(笑) 『マチェーテ・キルズ』予告編 - YouTube

映画『ムード・インディゴ』が面白かった記念!! この映像世界は凄いと震えた映画作品ベスト8

映画『ムード・インディゴ』を鑑賞しました。監督は『エターナル・サンシャイン』でお馴染みのミシェル・ゴンドリー。予備知識が全くなく見たんですが、これは映画でしか表現できない世界で、すんげー面白かった。この前日記に書いた『デビルスピーク』と違…