読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

ハゲ子の展覧会・イベントめぐり2016春 その2



ハゲ子の展覧会・イベントめぐり2016春に引き続き、ゴールデンウィーク後半も、漫画関連のイベントに行ってきました。がぉー



5月某日。お台場にあるカルチャーカルチャーで開催された「神のライブドローイング?!大集合!7人のイタコマンガ家」のイベントに参加する。このイベントは本来、夜一回だけだったのだが、あまりの人気っぷりに昼の部のが急遽開催された。昼の部のチケットをとろうとPCの前に座り、売り出し直後に申し込むも、ページが全くつながらず。ページが表示されても、チケット購入画面に進むとタイムアウトを迎えるというトラブルを乗り越え、何とかチケットを手に入れた。

このイベントは、田中圭一が主催となり、手塚治虫、藤子不二雄、水木しげるの模写が得意な漫画家が集まり、そのイタコっぷりを試すもの。鍵野真紀(@doramangafan)氏のFっぷりはすごかった。生ドリヤス工場を見たけど、イメージのまんまの人だった。まだ、坂本頼光の「サザザさん」を生で見られたのは良かった。

田中圭一最低漫画全集 神罰1.1

田中圭一最低漫画全集 神罰1.1



5月某日。六本木で開催されている「少女椿展」に行く。丸尾末広の「少女椿」が映画になるなんて、昔のオイドンが知ったからびっくりするだろうな。映画の予告をチラッと見るが、かなり原作に近い雰囲気が出ていた。両腕の無い男が足でウドンを食いながら「今日も長シャリか!」とぼやくシーンは再現されているのだろうか。
1階と地下の2フロア―で展示がされており、1階は映画のセットや衣装、地下は原画や複製原画の販売が行われていた。初期のころの原画を見たかったが、多くは2000年以降の作品で、ちょっとガッカリ。


みどりの衣装


見世物小屋のセットも再現されていた。


みどりのコスプレをしている永野希(@nonchachacha)氏が、会場の案内をしていた。

少女椿

少女椿


六本木の丸尾末広を見た後に、神楽坂のla kagu(ラカグ)で開催される「『ヘタウマな愛』文庫版刊行記念 蛭子能収さんサイン&チェキ会」に参加。蛭子能収と言えば、触れ合うだけで死んだり・死んだり・死んだりすることは、サブカルっ子の間では常識なので、ビビりながら単行本にサインをしてもらい、チェキをとり、握手する。ああ、これは完全な死亡フラグ。

ヘタウマな愛 (新潮文庫)

ヘタウマな愛 (新潮文庫)






蛭子さんに会ったせいか、おなかが空く。江戸川橋まで歩いていき、お気に入りの居酒屋で夕食をとる。真鯛の炙りポン酢(写真3枚目)も凄くおいしかったが、写真4枚目のあぶりカツオが激うま。


ゴールデンウィーク中も働く人はたくさんいる。お疲れ様です。


今日から会社にゃ!