読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

ブログで自分の弱点を晒すのは得策じゃない

Web


燃えろよ、燃えろーよ♪ ブログよ燃えろ~♪
と、マジ・ネタに関わらず、全力で反応するのが正しいネット民であります。オッス!

以前、ブログ上で恋人を募集し、全国1000万人のネットウォッチャーから熱い視線を注がれたブログ「散るろぐ」のチルド氏。

先日「アムウェイで挫折した思い出」というレッツ・ビギン・ポジティブシンキングや! でお馴染みのアムウェイに掘った・掘られたというエントリーをアップ。その後、愛憎の念が入り混じる続きのエントリーがアップされるのかと思いきや、なんと連載中止のお知らせ。なぜ連載が中止したかというと、温泉を愛し、画像の不正利用と戦うブログ「鈴木です。」の中の人から、

アムウェイで挫折した思い出 - 散るろぐ

アカウント、飛ばされないようにねww

2015/10/17 10:27
と、はてなブックマークのコメント欄で指摘されたため。

散るろぐの人は、「連載の中止とお詫び」の中で以下のように書いている。

この判断に至りましたのは、はてなブックマークより、アカウントの剥奪を匂わせる、脅迫的なコメントが寄せられたことに端を発します。
(略)
鈴木氏(id:suzukidesu23)の「飛ばされる」とは、記事の内容がガイドラインに抵触しているため飛ばされる、つまり、ブログを消される可能性を匂わせているのです。


ところが、ガイドライン違反の可能性について指摘しているのは、数あるコメントの中で鈴木氏ただ一人です。「たったひとつのコメントなど気にすることは無いのでは?」と思われるかも知れません。

脅迫的なコメント……これは、ひどい。どっちが酷いかは言わなくてもわかるよね。
チルド氏は続けてこのように発言する。

ですから、みなさん。どうか、どうか僕のブログを狙わないでやってください。アラを探さないでやってください。


どんな人間にも、ミスや欠点はあるものです。ましてや、日常をつづった雑記ともなれば、穴があって当然です。


想像してみてください。


ひとり寂しくブログを書く暮らしを。


最近では、40代の男性が、独身というだけで「人格障害」を疑われる時代です。婚活市場では「除外」の烙印を押され、リストから抹消されることすらあると聞きます。


そんな僕にとって、AdSenseだけは真実なんです。抱きしめたいほど愛おしい、まごころの贈り物です。わずかな報酬は、僕の魂のささやかな救済なのです。


ですから、僕をこの場所にいさせてください。


みなさんへ、記事を届けさせてください。

と、GoogleAdSenseが私の生命線だから攻撃はやめて。イタイケなワタシを虐めるのはやめて……という内容で、これまた、ヲチャーから再び注目を集めている。

ブログで、自分の弱点をさらけ出すのは悪手である。

チルドさんは、「こんなに辛いんだから、攻撃はしないで」と述べているが、多くの人にとっては「だから何?」と思われるだけ。むしろ、ウイークポイントとわかれば、「面白いから、GoogleAdSenseに不正通報しよう」「同IPアドレスから何百とクリックしてみよう」と、積極的に攻撃する、アラを探す、弱点を狙う輩が出てくる可能性が高い。

インターネットはサバンナである。衰弱しているブログや急所をさらけ出しているエントリーがあれば、牙をむきだして襲い、手斧が飛び交い、炎上の燃料としてTwitterで拡散し、PV稼ぎのため火を付けられる。紅茶とスイーツをテーマにしたブログを運営しているワタシには信じられないが、ネット上では弱肉強食焼肉定食な日々が繰り広げられている。恐ろしい、恐ろしい。

イタイケな弱小ブロガーを演じつつ、鈴木です。の人を攻撃している可能性もある。が、チルド氏は素直な人なので、その可能性は低い。

てなわけで、ネットでは「弱点をさらけ出して、自分を低くして防御する」方法は、意味がないどころか、ネット放火魔ホイホイ状態なってしまう危険性があるので、注意。

自分を低くする場合は、「読んだ人間から徹底的に同情される」まで持っていけば、状況は変わるのだが、これまた高度なテクニックは必要だ。