読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

世の有料ブログセミナー&有料ブログサロンはクソばかり



先日、就職活動にしてフリーランスで生きていく! と宣言したいわた氏のブログがボヤ騒ぎを起こしていた。

このボヤに対して、「情報の海の漂流者」のid:fut573さんが2つのエントリーをアップしていた。

fut573さんは、「実名でブログを運営している人間が、就職活動に関して不利な情報を書きすぎている」「彼は八木仁平氏のブログカレッジに参加しているが、運営・参加者は注意をしなかったのか?」指摘している。
fut573さんは2つめのエントリーで

件の彼はやぎろぐの八木仁平氏が有料でやっているブロガー向けコミュニティ「ブログカレッジ」の参加者である。
あれはお金を払ってサポートを貰いながら運営しているブログに書かれていた情報なのだ。
独学でやっているわけではない。

その辺りが大変気に入らない。

と書いているのだが、イケダハヤト氏や八木仁平氏を筆頭に、自称プロブロガーが運営している有料ブログサロンや有料ブログセミナーをウォッチ(公開しているレジュメや参加者の感想なども参考)していると、レベルが低いがものが多い。初心者向けだから簡単な内容からスタートする……のではなく、何も知らない相手に、適当な知識とサービスを売りつけている感がある。

サロン系はPVを伸ばしたり、質の良い記事を書くことよりも「お友達・ブログ仲間を作る」ことが主になっている面も多い。そんなお友達クラブのブログサロンは、メンバーがアホなことや間違ったことをしていても、なかなか指摘してくれない。

生ぬるい、表面的なお友達を作りたいなら、ブログサロンも有効かもしれないが、TwitterやFacebookでも簡単に実現できる。

断言しよう、多くのブログ有料サロンやブログ塾はクソだ。入るだけ時間とお金の無駄だ。

では、どのようなブログ塾ならお勧めか? これはハッキリ判断基準がある。参加者が書いたブログを、徹底的にチェックし、どこがダメか、どこが良いか、どのように修正したらよいかやってくれるところだ(これぐらいは赤入れをして欲しい)。多くのブログセミナーは「参加者に書かせるだけ書かす。できあがったエントリーに対して、主催者は簡単なコメントをつけるだけで、後はほったらかし」という傾向がある。なぜなら、ひとり一人丁寧に見ていくと、時間もないし、セミナー主催者・講師も文章を徹底的にチェックするスキルも気概もないからだ。

もし私がブログセミナーをやるとしたら、こんな感じの授業構成にするだろう(サロン系ならこれをベースにアレンジ)。


Hagex先生の地獄のブログ塾
~クソサロンやヘッポコブログセミナーをぶっ潰せ!!

・なぜあなたはブログをやるのか?(イントロダクション)

・血を吐くまで文章力を鍛えよう
文章は単に書くだけでは上達しません。自分が書いた文章のどこがダメなのか? 講師が徹底的に指導します。
課題テーマで執筆→講師による赤字・修正→参加者のリライト→講師のチェック→OKがでれば掲載

・電博も腰を抜かすエントリー宣伝方法
ブログ運営の喜びは、自分が書いた文章をたくさんの人に読んでもらうことです。どのように自分が書いたエントリーを宣伝するか? ソーシャルツールはもちろん、有料ツールを使ったPR方法を紹介します。

・炎上する技術、燃やす技術、鎮火させる技術、燃やさない技術
ブロガーとして活動していくには避けて通れない「炎上」。そもそも炎上とはいったい何なのか? 具体的な技術を見ながら炎上コントロールテクニックを身につける。

・インターネット喧嘩術 
喧嘩とデマはインターネットの華。ネットバトルは気合いとスキルを持っている人間が圧倒的に強い。では、相手をやり込めるためにはどのようにしたらよいのか? 実践を通じて脱子供の喧嘩! 

(以下のコンテンツは、ブログ塾専用のコンテンツとなっております。読みたい方は Hagex先生の地獄のブログ塾™に参加してください。ワッフルワッフル)