読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

梅木雄平とはあちゅうが開催する「スパルタWEB編集塾」の解説文が下手すぎワロタ

Web


「ウォッチ対象三銃士」の梅木雄平氏とはあちゅう氏の2人が月額2万円で、WEB編集者・ライターを養成するサロンを3ヵ月限定でやるようです。


スパルタWEB編集塾を3ヶ月限定サロンではあちゅう氏と始めます(リンク先は魚拓)

梅木雄平氏が自身のサイトで、このサロンの宣伝文を書いているんだけど、あまりにも悪文かつ編集もできておらず、ハゲ子は読んでいてお茶を吹きました。ここまでスキルがない人が2万円をとって、文章や編集を教えるって酷いよな。

彼の文章のどこが酷いのか? 頑張って赤字を入れてみましたが、あまりにも量が多いため、前半部分で力尽きました(笑)。赤字を入れたものは貼っております。
チェックして判明したのは、本人はプロぶっているけど梅木氏の圧倒的な素人スキル。以下ダメな点をまとめてみると

・である調、ですます調の混在
・小見出しに「。」を入れる
・TPOを考えていない表現(笑う意味の「w」を入れるなど)
・助詞の連続や繰り返しを気にしない
・同じ言葉が連続しても気にしない
・無駄な横文字の多用
・幼稚な表現
・断定表現を嫌う
・時間や空間などの構成や説明が苦手
・恐らく見直しや推敲をしていない
・用字用語の統一を知らない?
・一文が長すぎる

などなど。いやー、これは酷い。読む人のことを全く考えていない、悪文の見本です。この文章に赤字を入れると、文章スキルがあがるのでお勧めですよ。
アタリショックみたいに、ウメキショックがSynapseに起きるのではないかとハゲ子は心配です。プロのライターや編集者がこのサロンに入ると、憤死するんじゃないかしら。

それでは、以下「スパルタWEB編集塾を3ヶ月限定サロンではあちゅう氏と始めます」(リンク先は魚拓)の赤字画像です。



まだまだ後半もあるのですが、力尽きました。3枚目の画像は「全文書きなおし」を連発してますが、細かい修正ではどーしようもないクオリティなので、仕方がありません。

現場からは以上です。

追記