読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

山口小夜子とクソまずいブルーボトルコーヒー

日記 写真


みんなほっこりしてるか! 
どもども、意識高い系サードウェーブ男子ほっこりスイーツネコブロガーのHagexです。

今週は、意識(中略)ブロガーのオイドンの素敵なホリデーの過ごし方を、いいね!が100個つくような写真(夕日と電線写真のような)とともに紹介するぞ。もう、タイトルでオチがバレているけどな!

己の感性を日本刀のように研ぎ澄ますため、美術館や博物館巡りは大切だ。今回、俺の感性の砥石となってくれるのは、木場の東京都現代美術館で昨日まで開催していた「山口小夜子 未来を着る人」だ。え、山口小夜子を知らない!? 日本人として初めてパリコレに出場したモデルで、資生堂の専属モデルも務めた、それはそれはありがたい人なのである。詳しくはウイキペディアでも見てね。あ、写真取り忘れたけど、前売り券がポラロイド写真みたいでおオシャレだったよ。

そんな山口小夜子の現役で活動していたころの写真、私物、彼女がデザインした舞台衣装が展示しているのがコレだ。来場している男女比は4:6で女性の方が多い。年齢は30代がメインで、オサレ服飾系専門学校出身ござい……という意識高い系の女性と意外にも喪女系という2つのパターンが多かった。あきらかにモデルかタレント級のスタイル&外見をもつキュートな女性もいて、サードウェーブ系男子のワテもビックリ。彼氏がいなければ声をかけたのにギギギギ。


彼女がヨーロッパデビューをすると、たちまち大人気となる。彼女のマネキン(この写真ね)が作られ、ヨーロッパの有名デパートを飾った



マネキンとは別に、プロジェクターを使った映像作品に使われた人形。怖い


で、肝心な展示ですが、個人的に「写真」が良かった。山口小夜子を撮影した、雑誌・広告・イベント写真が多数貼ってあったけど、デジタル写真と違った質感、モノクロフィルム独特の雰囲気が大きなサイズで堪能できた。ああ、フィルムカメラが欲しくなってきたぞ。LOMO LC-Aやローライの二眼を首からぶら下げていたら、ナンパできたんじゃないかな~ サードウェーブ系にあるまじき行為だけど。

で、で、写真ですが、横須賀功光の作品が良かった。今回の展示のメインで使われているこれ

も横須賀功光の作品。もっと写真を見たい人はGoogle先生に聞いて下さい
絶対的正解な構図、そこから切り抜いたような質感、特にライティング、光の使い方が凄い。レンブラントの絵画のように、考え抜かれた光の当て方により、平面の写真が立体的に、そして1枚の写真からいろいろな物語が醸し出されていた。
ミュージアムショップで買おうかどうか悩んだ、横須賀功光の写真集のタイトルが「光と鬼―横須賀功光の写真魔術」というのは納得。

光と鬼―横須賀功光の写真魔術

馬鹿の1つの覚えのように「プロの写真家は凄い」と唱えてしまう作品群だった。だから、山口小夜子も凄いけど、横須賀功光ってスゲーーーーと感じる展示会でした。


現代美術館に展示してある常設のオブジェ。自撮棒持っているみたい



美術館の隣にある木場公園にかざってあった七夕のお願い。泣ける。


現代美術館を出て、森下に向かって歩く。途中、商店街のオープンテラスの焼き鳥屋でレバーを3本食べ、とことこ歩く。

そして、まだ一度も来てないけど、心の中では常連になっているブルーボトルコーヒーに到着。行列はできていたが、雨のせいか列は短く。20分ほどならんで入店。店内は混雑しており、座る場所はない。3つ並べたコーヒーポットに、喫茶店のマスターよろしく、スタッフが一杯一杯ドリップしていく。店内は失禁するぐらいのシンプル系の洒落乙空間で、天井も高い。意(略)ガー代表ののオイドンは、ドリップコーヒー「ルワンダブフカフェレメラ」(550円)を注文。オーダーしてから10分ほど待って、受け取る。

外で飲むと、うん、雑味のないすっきりした味わいの中に、酸味があって美味しい……と、ほっこりブロガーとしてコーヒーを堪能する。修羅の国の母ちゃん! 福岡では牧野うどんの出汁ヤカンを飲むのが唯一のオシャレドリンクだったけど、東京に来て、ハイセンスコーヒーを飲んどーとよ! と霞むスカイツリーに向かって叫ぶ。そして、再びコーヒーを飲む。え、なに、これ、さっき飲んだときより酸味が10倍ぐらい増しているんだけど…… ま、まずい、お母ちゃ~~ん、東京は怖いとこよ~と、泣きながら、コーヒーは捨てました。

確かに酸味が強いときいていたけど、スッパすぎだろ! そして、時間が経つと酸味が増すって何なの?? オブラートに包まれたお酢が仕込まれていたの??? どちらによせ、口に合わないコーヒーを捨てるなんて初めての体験でした。単にオイドンがルワンダと相性が悪かっただけで、次は普通のブレンドを頼んでみたいと思います。


ブルーボトルコーヒーから歩いて10分ぐらいの自販機の横にこんな張り紙がw


せっかくの意識高い系サードウェーブ男子ほっこりスイーツネコブロガーの休日を堪能していたのに、最後の最後でガッカリよ。頭来たので、墓場の写真をバシバシとって帰宅してやった。


母ちゃん……ブルーボトルのコーヒーまずかったよ。とりあえず、夕日の写真をとって心を落ち着かせる。



また、飲みに来るぜ! 写真はブルーボトルと関係ないけど