Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

家入氏は努力や苦労が嫌い・Hagexも努力や苦労は嫌い



昨日の「ダラシナイ生き方の危険性を教えてくれる家入一真氏」に関して、家入氏が以下のようにツイート。

家入氏が私の一文に反応してくれたけど、タンブラーの抜き出しについて言及なので、ちゃんと前後を読んでほしいよね〜 アシスタントのことも褒めてるよ! 文章の一部分しか読まず脊髄反射するのは、Twitter初心者がやりがちなミスなので気を付けましょうね。私も一文しか読まれず文句言われて大変不愉快 ぷんぷん! (@hirokijima0318さんについてGoogleで調べるとこんなページがあって興味深く拝見しました)
しかし、家入ドンは「努力や苦労とかみんな好きだよなあ」って言ってるけど、99%の人は嫌いだと思うよ。好きだったら、努力しろ、苦労しろ、なんーんて誰も言わないもんね。俺も嫌いだし。ただ、この日本では「努力と苦労」「運」「才能」の3つのうち2つがないと成功できない。そして、「運」「才能」ってのは、本人にはどうしようもない要素(ある程度は動かせるが、それも「努力と苦労」が必要)。
結果を生み出さない「努力と苦労」でも、人の信頼は生まれる。そして家入氏にいちばん足りないのは信頼だ。

家入氏自身、コミュニケーション障害、実家の金銭的トラブル・両親の離婚、新聞奨学生をしながら美大に行くための予備校生活、2度の大学入学失敗(←個人的に逃げたんだと思うが)、客観的にみて「苦労と努力」をしている人だった。そして資本金30万円で会社を作り

社名を「paperboy&co.」に変えた。新聞配達少年=paperboyだった初心を忘れない、という意味を込めつつ、おしゃれっぽいローマ字表記にし、ティファニーみたいに“&co.”を付けてみた

平日は毎朝、子どもを幼稚園に送ってから出社し、土日は休んで子どもと遊ぶ。社長ブログは、2人の子どもの写真だらけ。できれば在宅勤務にし、家族とずっと一緒にいたいと思う。

ひきこもりからIT社長に “paperboy”の軌跡 2006年のITmediaインタビューより)
と、インタビューで語っていた人が、こんなツイートをするとガッカリするよね。
人は時間とともに変わる。イイ方に変わればワルイ方に変わることもあるのは頭でわかっていても、実際に悪い方になっているのを見ると、とても悲しい。