Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

悪口は自己紹介の法則



昨日の日記「LIGの秒速結婚エピソードはゲスな話であって感動的ではない」は、はてブが300以上つき、やまもといちろう氏やトピシュさんに取り上げられました。ありがとうございます(挨拶大事!)。
この話題はデマ問題と違って「正しい答え」がないので、たくさんの意見が出ることは大変素晴らしいことです。
一方、個人的に???となったのが、日記のコメント欄にもありましたが「羨ましいから、こんなエントリーを書いたんでしょ」的な意見がチラホラあったことです。
羨ましいという気持ちは1マイクロシーベルトもなかったので、これにはびっくりしました。
もし結婚された女性が、全盛期のナスターシャ・キンスキー(最近、「キャット・ピープル」を観た)だったら、私は「羨ましい」と歯ぎしりして、床にひっくりかえり「ずるいずるい、羨ましい」と駄々をこねたはずです。そして日記も恨み辛み嫉みにあふれた、素敵な内容になっていたことでしょう。
うーん「秒速結婚」に対して無意識で羨ましいと思っていたのか? いろいろと考えたのですが、これは「羨ましいくせに!」と言った人の本心なのでは… という結論がでました。いわゆる「自己紹介乙」ってやつですね。
悪口を言うときは、気を付けましょう。あなたの「コンプレックス」がダダ漏れになっている時がありますよ。
と、いうわけで私に「羨ましいくせに」と言った人へ…… ハーゲハーゲ!


キャット・ピープル [DVD]

ちょっとショッキングなシーンもあるが、エロい! そして監督のカメラワークが素晴らしい。