Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

怒られないためにメルマガを出してます



基本的にこの日記によく登場する人物は、愛してる人が多いですね。まあ、蛇蝎のように嫌っている人もいますが(笑)。
Liverty代表の家入一真氏も、好きか嫌いかと聞かれたら、当然「好き」に決まっている。
好きだからこそ、有料メルマガを購読し、過去ログも買い、TwitterFacebookの投稿をもれなくチェックし、ビジネスパートナーや取り巻き連中の動向も見てるわけですよ。嫌いだったら絶対できない、愛があるからこそできる(笑)。
そして、好意的に捉えているから、私は小姑のようにツッコミを入れる。まあ、取り巻きの人達には理解されてないですがね。つーか、取り巻きの連中こそ、近くにいるから、ボスが間違っていたら殴ってでもアドバイスしろ! 直接文句が言えないなら、顔面広告に「メルマガの原稿を書いて」とメッセージを入れて本人に会え! もしくはご自慢のショッピングサイトBASEで「うちのボスをきちんと指導できる秘書募集 -50万円」とかやればいい。そんなことができてないから、「メンバー」じゃなくて「取り巻き」にしか見えないんだよ。
家入氏のFacebook周りを見ても、氏に対してお友達のみなさんは「大丈夫?」「頑張って!」と、お前ら女子中学生か!? 的なコメントばかりで、「嫌われてもいいから、本人のために意見をする」人が全くいない(まともな人はすでに愛想を尽かしているのかもしれないが)。
「やっぱりネット上の付き合いは、表面的なものばかりで、役にたたないな」と絶望的な気持ちにさせてくれますね、ハイ。
家入一真氏「やるべき事をすべき」と見えない敵を批判
というエントリーを12月7日に書いたのも、個人的には「甘い」と思う。本当に追い込みたければ、こんな事を書かずに12月中は沈黙&ウォッチし、1月に徹底的に叩けばいい。
私のエントリーをアップした翌日、家入一真氏の「生け贄スタイルの理論と実践」【Vol.014】が発行された。
そしてこれを読んで、大変ガッカリしたわけですよ。
メルマガの文章がいきなりこれ。

祝・家入メルマガリニューアル。ライター陣を一新し、炎上しないように締め切りを守り、発行していく予定です。少しずつコンテンツを増やしていくので、どうか温かい目で見守ってください。

今回も家入氏は1バイトも書かず、顔面広告.comの人が代筆している。
炎上しないように締め切りを守り」というフレーズが、あまりにもダメダメ。じゃあ、「炎上しなければ締め切りを守らなくていいのか?」と、思っちゃいますよね(11月30日に書いていた「家入のインタビュー原稿」未配の件について触れてないし。私のチェックミスだったらスマン)。まあ、読者のためにメルマガを出してないのは、よくわかった。
家入氏とそのメンバーに言えるのは「プロ意識の欠如」。Livertyのサービスを見て、モヤモヤしたものを、ずっと感じていたけれど、どれも「プロ意識がない」点だったんだな〜と、この文をみてよーーく理解しました。
このメルマガは、家入一真氏は11月15日から文章を書かず、不定期に発行され、何だかよくわからない人間がついつい読み飛ばしてしまいそうな内容… で月額735円。そんな辛抱強いユーザーに対して「炎上しないように締め切りを守り」ってよく言えるよな。
家入氏が死ぬほど忙しかったらまだわかるけど、Facebookには頻繁に投稿。ブロマガ購読して驚いたけど、「家入ちゃんねる」には短文をちょくちょくポストしている(このコンテンツは、まぐまぐ、夜間飛行、BLOGOSでは読めないと思うので、同じ735円でも格差ができている)

今回のメルマガのあとがきには次のように書かれている。

リニューアル一発目、早速家入さんが原稿を落としてしまいました。とはいえ、今回のテーマは自己紹介。家入さんに自己紹介は必要ないので、特に問題はありません。次回は、きっとコラムを書いてくれると思います。

何事も、急げばいいというわけではありません。家入メルマガは少しずつ前に進み、時には後ろを振り返り、まずは月に4回以上配信するという、最低限のノルマを達成するべく全力で走り続けます

ちなみに、このメルマガについて、まぐまぐhttp://www.mag2.com/m/0001561870.html)では以下のように紹介している。

数々のウェブサービスやカフェ、ベンチャーを立ち上げ、「遊び場」を作りまくっている家入一真がメルマガ業界に殴りこみ(1年ぶり、2度目)。今の世を生き抜く為の思考やスキル、「個」の可能性を引き出すアイデアなんかを、実験的活動を通して得た経験から、生け贄目線で書いていきます。また、同時並行で進んでいる様々な人生実験の結果も報告します。質問や悩み相談などで、読者の方々と一方通行ではない関係性を築けたらと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

生け贄は、読者だったんですね!
家入氏は過去にまぐまぐでメルマガを出すが、やはり定期的に出せずに廃刊。今回も、とっとと廃刊しちまえ。

関連エントリー(これが愛の証拠w)
家入一真氏「やるべき事をすべき」と見えない敵を批判
家入氏の有料謝罪メルマガを買ってみた
配信しない有料メルマガは成り立つのか?
ZOZOTOWN社長がTwitterで大炎上
Studygiftの批判が続々
寄付手数料が7万5135円
守るべき者を守れない人は行動すべきではない
LivertyからリリースされたWebサービスの現状を調べてみた