読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

Hagexギャルを探せ 負け美女「犬山紙子」の巻

特集



◎Hagexギャルを探せ!
突如始まったこのコーナー。
月間200万PVを稼ぐようになったこのブログ(自慢)だが、本当に読んでいる人はいるのだろうか? アクセス解析の数字だけ見ていても、本当に読者がいるのか実感できない! もしかしたら、寝ている間無意識で私がずーーーとF5を押しているのかもしれない(涙)。

そんな疑問を日々抱いていたのだが、なんと本当に私のへっぽこ日記を読んでいる女性がいるという。しかも美人らしい……
彼女の名前は「犬山紙子」、「犬山紙子のイラストエッセイ 柴犬の素晴らしさ」というブログを運営している。
連絡をとってみると、どうやらこの日記を読んでいるのは本当のようだ。しかも彼女は自身のブログをまとめて書籍として発売することが判明した。
いったい彼女は何者か? そしてHagexギャル(ヘッポコ日記の読者)が出す本はいったいどんな内容なのか? 直接あってみて、話を聞いてみたぞ!


犬山紙子のイラストエッセイ 柴犬の素晴らしさ
http://corokkecorokke.at.webry.info/


◎変顔と恋話がアップされる日記
彼女のブログ「犬山紙子のイラストエッセイ 柴犬の素晴らしさ」は、開設当初、柴犬の写真や美味しいモノを食べた… という普通の日記だったが、2009年頃から恋愛が苦手な美女のエピソードや、非常に独特な彼に振り回される乙女など、味わい深い恋話がイラスト入り掲載されるようになる。数多くのエピソードが紹介されているが、個人的に面白かったのは以下の3つ。

超修羅場!ザ・修羅場!
41歳のイケメンが若い彼女をつれてハワイに行く。しかし肉体関係が続いている元カノがそのハワイ行きの便を調べて、同じ飛行機に乗り込んでくる修羅場エピソード。

CHAGE&ASKAの同人誌、からの中学生女子のチャゲアスへの煮えたぎる思い
エロなしのCHAGE&ASKAの同人誌を発見。その本から始まるCHAGE&ASKAへの愛の賛歌…

ふられたAちゃん、よりを戻せるか?
26歳にして元彼が20人以上いるという恋愛の達人Aちゃん。そんなAちゃんが非モテ男性にふられてしまう。Aちゃんはある復讐を考えるが…

3度の飯よりゲスな話が好きな人間には、大変お勧めのブログだ。
写真を見たら本人は美人だし、セレブパーティーによく参加しているし、モデルやアイドルといった女性とも仲がよいみたいだ。


犬山氏の写真。とっても美女オーラが漂っているが……

こういった写真をアップする一方、膀胱炎日記や、変顔の写真も多数アップしている…




犬山氏の変顔写真コレクションの一部

―ブログを始めたきっかけは何ですか?
家庭の事情で会社を23歳で辞めてから、ずーーとニートをしていたんですよ。まあ、今もかなりニートなんですが(笑)。
日々、漫画を読んだりゲームをしたり楽しく過ごしていたんですが、それでも時間はたっぷりある。そこで前々から漫画家になりたいな〜 と思っていたので、頑張って漫画を描きました。時期は2009年頃かな? 原稿用紙を買ってきて、きちんと定規でコマを引いてい、一生懸命に絵を描いて。
かなりズボラな私ですが、なんとか16ページの作品を作って、講談社のヤンマガに持ち込みしました。

―それは凄いですね! ちなみにどんな内容だったんですか?
タイトルは「ブログウォッチャー嵐」という、意地の悪い女性がスイーツブログにアクセスして、けちょんけちょんに批判するという内容です(笑)。受けっとたヤンマガの編集者は、は「賞に回しましょう!」ということになったのですが、コンテストの結果、「ヤンマガじゃなくて女性誌向きだろ」というコメントがつけられて、掲載れることなくボツに……(涙)。
ズボラでぐうたらな私はここで漫画家の道を挫折しました。
本当に才能と忍耐と努力が必要な道だと思っているので、漫画家さんは無条件に全員尊敬しています。
その弱っている時に、友人から「ブログをやってみれば?」とアドバイスを受けたんですよね。当時、ブログをやってはいたのですが、「ブログウォッチャー嵐」のターゲットになりそうなスイーツブログだったんです。勧めてくれた友人がイラストエッセイのブログをやっていたので、私も真似しました。
実際にやってみると、漫画を描く時とは比べ物にならない少ない時間…… 数時間でイラスト入りのエントリーができたんです。作っていて楽しいし、周りの評判もよかったので、だんだん現在のような形態になりましたね。

―新しいブログをやり始めてどうでした?
アドバイスをくれた友人のブログは、その時にもう書籍化されていて、私も「このブログも書籍化してやる!」と野望を持っていました。そしてついに、今回夢がかないましたね!

―うまい具合に書籍されましたね。きっかけはなんですか? ブログを本にしたいという野望を持っている人は多いので、その経緯を教えて下さい。
全てはTwitterのおかげです! Twitterでいろいろと呟いていたら、編集さんから声をかけてもらい、無事に出版が決定しました。書籍以外のお仕事もTwitter経由できたので、Twitter本社があるカリフォルニアに足を向けて寝られません。
書籍の決定が決まったのは8月で、実質の作業は2週間でした。いくら過去のエントリーの再構築といえ辛かったです。

―なるほど! Twitterさまさまですね。そんな犬山さんの生い立ちや経歴を教えて下さい。
大阪、兵庫と過ごし、14歳の頃に宮城県の仙台に移り住みました。仙台では中高一貫の女子高に通ったのですが、ゲームが好きで男子とゲームの話をするのも好きだったし、好きな人(片思い)もいた共学からの女子高は、悶々鬱々としていましたね。オタク仲間とつるんで活動していたり…… トキメキがない学生時代でした。大学時代はちょっとまともになりましたが(笑)
大学生時代は3年間塾の講師をやってました。数学と理科を教えていたのですが、女子生徒からは「AV女優」、男子生徒からは「マロ」というあだなを付けられていました。私は眉が半分しか生えてなくて、残りは描いていたんですけど、それをしっかり見抜ける男子生徒がいて…… そんなのを見つける暇があったら、もっと勉強をしろよと言ってました(→私の生徒たち)。
大学を無事に卒業し、地元のファッション誌編集部に入社。少数精鋭の部署だったので、新人にもかかわらず、企画、執筆、編集作業と一通りのことはやりましたね。
楽しい職場だったんですが、働き始めて1年半後、家庭の事情で仕事をやめ、ニート生活に突入。23歳の時に辞めて、現在の29歳までニートが続いています。この本の出版をきっかけにそろそろニートを卒業したいのですが(笑)。今は月に10日ほどは仙台の実家に戻り、20日は東京にやってきて、仕事をしたり遊んでいます。

―ニートなのに、忙しいですね。2011年10月13日に、犬山さんのブログが「負け美女 −ルックスが仇になる」というタイトルで、マガジンハウスから書籍化され発売されるということですが、この本はどんな人たちにオススメなんでしょうか?
ひとつ、最初に言っておかなきゃいけないのが、自分のエピソードというわけじゃないんです。私は化粧取るとひどい顔してるので、負けてはいても美女ではないので…。
なので、ニート時代に遊んでいた美女たちを負け美女と呼び、恋愛エピソードを多数収録している本になっています。美人だと「モテモテ」というイメージがありますが、変な男にひっかかったり、好きな相手に告白できずに苦労したりと、大変人間臭いエピソードが満載です。「美人だけど、恋の悩みはトラブルは一緒なのね!」と知ってもらえたら幸いです。生々しい女性の生態が載っているので、男性が女性心理を理解するのにもってこいの本です。

―本日はありがとうございました!


ちなみに犬山さんはここ3年ほど恋人がいないらしい。好きなタイプは「非モテ男性」で、童貞を十代で喪失した人はNGとのこと。やはり変わっている…… 喪男は積極的にアタックだ!

今回の書籍をサイン入りで1名様にプレゼント! ご希望の方は以下のURLから応募してください。

読者プレゼント応募ページはコチラ!
10月31日締め切りです。


負け美女 ルックスが仇になる
価格:1000円(税込)
単行本(ソフトカバー): 205ページ
出版社: マガジンハウス (2011/10/13)
ISBN-13: 978-4838723522
発売日: 2011/10/13


(10/12 一部修正)