読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

覆水盆に美鈴帰らず



クオリティが高い・低い、ホント、ウソに関係なく、投稿者はがんばってポストしたな~ 心象風景が入りすぎているのが、個人的にマイナスポイントだな~
・今までにあった修羅場を語れ【その21】

659 :名無しさん@おーぷん:2017/04/12(水)00:22:24 ID:p6j
取り留めの無い長文で恐縮ですがご容赦ください。
崩壊はある日突然訪れました。
私がまだ幼い時、両親が交通事故で他界し、当時比較的若かった父方の祖父母の養育と母方の支援も受け
慈しまれ育てられました。お金のことは心配ないと短大にまで進学させて戴き
憧れ、目標にしていた両親が生前勤務していた企業に就職することが出来ました。
就職して四年ほど経った頃、電車に乗り帰宅していると若い女性に声を掛けられ
顔を見ると通勤や帰宅時にたまに見かける女性で、その日以来顔を会わせる度に会話をするようになり打ち解け
名前や連絡先を交換するまでになりました。女性の名は美鈴と言い
彼女の性格に惹かれ好意を抱き告白しようと思った頃、先を越される形で告白されました。
私は喜んで受け入れそれから三年の間お互い愛を育み、今度は先を越されぬよう結婚の申し込みをし
美鈴も感極まった表情で受け入れ、結婚しました。
お互い支え合い愛し合い、本当に幸せな毎日でした。そんな生活が二年続き、そろそろ子供が欲しいと思い出した頃、会社の事情で海外支社へあくまで正式な担当者が決まるまでの一時的な措置という話で私が指名されました。
私は断固拒否しましたが、適任者は私しか居ないと上司に説得され受け入ざる得ませんでした。
私は沈痛な気持ちで、美鈴に報告しました。彼女は泣き出しましたが
数日後、気丈にも少しの間だけだから大丈夫と言って同意してくれました。
辞令が下り、出国の当日空港に向かう車の中で黙ったまま手を握り合い、そして出国ゲートで涙を堪え
いつまでも私を見送る美鈴に私は何度も振り返り、何度も手を振り別れを惜しみました。
私は遠い海外の地で少しの我慢だと自分に言い聞かせながら日々仕事に励みました。
正直嫌な予感はしていたのですがいつまで経っても正式な後任とやらは決まらず
一年が経ち、あと一年、次の年が来ると、流石に強く抗議はしましたがもう一年だけと延ばされ、ようやく国内勤務の内示が出た時には三年の月日が流れていました。
私はすぐさま美鈴に電話をかけ、日本に帰れること。一緒に暮らせること。これまでの勤務が評価され上位部署へ配属されること。
昇給することを報告しました。美鈴も嬉しそうにしていましたが
どこか上の空で元気の無い印象を受けましたがその時は気にかけませんでした。

660 :659:2017/04/12(水)00:23:19 ID:p6j
待ちに待った帰国の日、飛行機の窓から見える日本の地を眺めながら、美鈴との空白の三年を埋め、二人で思い描いていた将来の夢に向かって進もうと思いました。
空港に着き各検査を済ませ、到着ゲートを出ると美鈴が待っており、私は彼女に駆け寄り抱きしめました。
ところが反応が全く無く不思議に思い離れ彼女を見ると少し俯いたまま、ただ立っているだけで声を掛けようとした時
五十代と思われる男性に声を掛けられ弁護士を名乗り名刺を渡され、美鈴のことで大切な話しがあると言われ
状況が理解できぬまま弁護士事務所に連れられました。
案内された応接室では私より若い男性が待っており自己紹介され、聞いたことも無い企業の経営者と名乗り、男の口から美鈴のことが好きになり愛し合っている。誠に申し訳ないが別れて頂きたい。出来る限りの補償はする。
美鈴は俯いたまま消え入るような声で私に短く謝罪の言葉を発しただけですすり泣くだけでした。
私はあまりにもの突然のことに現実に頭が付いて行かず声を失っていると
弁護士が今後の連絡及び交渉は男と美鈴の代理人である当職を通すようにと通告され
男は美鈴に合図を送り、彼女の背中に手を軽く当て守るように応接室から出て行こうとしました。
私は置かれた状況に頭がようやく追いつき、男を美鈴から引き放そうとしましたが
待機していた職員に二人に出入り口を塞がれ、男と美鈴は消えて行きました。
その後私は事務所で強く抗議しましたが、弁護士に根気よく説得され、次回の交渉の日を告げられ
一人で帰宅せざる得ませんでした。

661 :659:2017/04/12(水)00:24:20 ID:p6j
地獄の日々の始まりでした。突然暗闇に放り出されたような絶望感と美鈴の居ない喪失感に襲われ
何度も美鈴に電話やメールを送りましたが、メールで一通のみ弁護士を通して下さい。の返信だけで
会社では配属先の慣れぬ業務と処理に追われ、業務を終えるとその足で弁護士事務所へ赴き、美鈴に会いたい一心で
本人と直接話がしたいと主張するも、弁護士は手慣れているのか法律の説明と今の状況は離婚しか無いと諭すような説得に
感情が爆発しそうになるのを押さえ、交渉の度に夜遅くまで精神を擦り減らし
疲れ切り帰宅して一人で居ると美鈴が男と同棲しているかもしれないと頭を過り、あの男への憎しみが抑え切れなくなり
正気を失いそうになれば酒で紛らわす日々を送っていました。
そんな荒んだ生活の中でも、人は誰でも間違いを犯す。私にも三年もの間構えなかった責任はあるし
知らず知らずのうちに自惚れ、彼女の寂しい気持ちに気付いてやれなかったのかも知れない。
そのことを美鈴に誠心誠意謝り、彼女のしてしまった事を全て許し、決して責めるようなことはせず
話し合えば必ず私の元へ戻って来る。兎に角美鈴と会うことが出来れば全て元通りになると信じ、それを心の糧に、心の拠り所にしていました。
弁護士との交渉は平行線のまま遅々として進まず、気が付けば数週間が経ち先も見えず精神的にかなり疲れ、ふと両親に会いたいと思い、休日にお墓参りへ出かけました。
墓地の駐車場に車を停めて少し歩き、お墓に近づくに連れ異様な雰囲気を感じ、表情が強張って行くのが分かりました。
私が不在の間、美鈴に手入れをお願いしていた両親の眠るお墓は雑草で埋め尽くされ荒れ果て
明らかに長期に渡り放置されていた様子で、私の中の彼女への気持ちに致命的な亀裂が走り
私の中のもう一つの感情が噴き出しそうになりましたが慌ててそれを打ち消し、気を取り直してお墓の手入れとお参りと自分の不甲斐無さを詫びて帰宅しました。
帰宅し部屋を見渡せば、自堕落な生活で散らかり空気も淀み、強い不快感に襲われ精神的にも良くないと思い
入るのを控えていた美鈴の部屋も含め隅々まで片づけと清掃をしました。
最後に掃除機を掛けダストカップに溜まった埃を捨てようとした時、一枚の小さなメモリーカードが吸い込まれているのに気付き
カードを拾い上げ記憶を辿りましたが心当たりが無く、データーを確認しようとパソコンを立ち上げ接続しました。
フォルダの中には画像ファイルが並び、それを開くとどこかの観光地を撮ったようで画像をめくって行きました。
ある一枚の写真で私の体が凍り付き、そして体の震えが止まりませんでした。
美鈴があの男に身を預け腕を絡ませ、私にしか見せなかった特別な笑顔であの男と恋人同士のように写っているのです。
私は震える手で閲覧を続けました。あの男のものと思われる高級スポーツカーの助手席に座る笑顔の美鈴。
高級温泉旅館の前で佇む笑顔の美鈴。客室で浴衣姿の美鈴とあの男が幸せそうに座卓の前で並んで座っている光景。
カメラの切り忘れと思われる二人の楽しそうな会話と笑い声が聞こえる動画。私は激しい目眩に襲われ
立つことが出来ず、そのまま気を失い意識を取り戻したのは翌朝でした。

662 :659:2017/04/12(水)00:24:53 ID:p6j
体調がとても悪く感じましたがシャワーを浴びて支度をし、出社はしましたが尋常ではない寒さと悪寒に耐え切れず
上司に申告後退社し、普通の風邪とは異なる深刻さを感じ、そのまま病院へ行き診察を受けました。
診察の結果は極度の疲労の蓄積と風邪によるものだと思われるが、時期的に海外で熱病に感染し発症した疑いも捨て切れないとのことで
大事を取って検査と入院を勧められ、この体調で一人で居るのは辛く、危険を感じたことで
上司に連絡を入れ許可を貰い、結果的にはほんの数日ですが入院をしました。
高熱で朦朧とする意識の中で美鈴に体調が悪く病院名と病室番号を書き、入院すること。せめて顔だけでも見せて欲しい内容のメールを送り
弁護士にも電話を掛け事情を説明し、暫く交渉には行けないことと美鈴にも連絡を入れて欲しいと伝えました。
携帯電話の電源を切り病室のベッドで横になり点滴を受け薬を投与され、後はただ眠りました。
眠っている間、美鈴が血相を変えて駆けつけ、ずっと私の手を握り付き添ってくれている夢を見ては目が覚め
辺りを見廻すと誰も居ない現実に落胆し、私だけが何故このような仕打ちを受けなければならないのかと
やり場のない怒りと悲しみ、あの男への憎しみに駆られ悔し涙を流し、また意識が朦朧とし眠ることの繰り返しでした。
一度だけ違う夢を見ました。あの男と美鈴が写った写真が舞い落ち、振り払っても振り払っても私の体に纏わり付き
耳を塞いでも聞こえて来るあの男と美鈴の会話と笑い声。
そして美鈴へのもう一つの感情を塞いでいたものが一気に崩れ去り濁流となって私に押し寄せ
呑み込まれようとした瞬間、急に辺りが明るくなり目が醒め飛び起きました。
体中汗に塗れていましたが、夢であったことと病状も快方に向かっているように感じ安堵しました。

663 :659:2017/04/12(水)00:25:27 ID:p6j
結局、美鈴は来ませんでした。携帯電話のメールも確認しましたが返信も無く
体のほうも検査結果は異状は無しで熱も下がり、回復して来たので退院し一日だけ自宅で療養の後仕事に復帰し
弁護士にも連絡を入れ交渉の再開の打ち合わせをしました。
交渉再開の日、これまでの主張を撤回し離婚に応じることを話すと弁護士は少し驚いていましたが
心の整理が付いたことを説明し、可能な限り速やかに全ての手続きを済ませる条件を伝えました。
その日から私が必死で押し留め、押し戻そうとしていたものが終局へと動き出しました。
離婚に同意したその日、これまで美鈴からの返信が無くとも少しでも繋がりを保とうと定期的に送っていたメールも止め
携帯電話を買い替え、新しい番号は弁護士だけに教え、メールは誰にも教えませんでした。
マンションに残る美鈴の私物や財産の引き取りを求め日程を決め、当日私が家を空ける間に美鈴側が荷物を搬出し、残ったものは全て例外無く処分し長年住み慣れたマンションを解約し
最低限のものだけを持って新たに借りたアパートへ生活の拠点を移しました。
慰謝料の件で男からかなりの高額な提示をされましたが弁護士に助言を求め一般的な金額を聞き、その相場より安い金額の要求と早期に振り込むこと。離婚届の証人は男と美鈴側で見つけ、弁護士立ち会いの下、私の手で提出することの条件を出しました。
男は私が心変わりをするのを警戒したのか離婚が成立した後の振込みを主張して来ましたが
弁護士が予備として一通を保管し、例え私が心変わりをしようとも
弁護士がもう一通を使い提出するという条件を出すと男は同意しました。

664 :659:2017/04/12(水)00:26:10 ID:p6j
そして二通用意された離婚届に署名と捺印をし、男から振り込みが行われましたが、最初に提示して来た高額な金額が振り込まれており
弁護士を通し苦情と不快感を伝え差額を返そうとしましたが男は頑なに拒否し、長引くのを嫌った私は
妥協して差額の一部は美鈴からの慰謝料分として受け取り協議書を書き換え、残りは弁護士の説得もあり突き返しました。
そして離婚届を提出する日はやって来ました、私は市役所で弁護士と合流し、整理券を取り
待合い席に座り順番を待ちました。その日は混んでおり、三十分ほど待った時
弁護士の携帯に着信が入り弁護士は周りに気を使い小声で話していました。
そして怪訝な顔で私を呼び、美鈴からで私に電話を代わって欲しいと言っていると言いました。
私は電話を受け取りましたが、男と美鈴が言い争い揉み合うような音が聞こえ、その中で
美鈴は私を呼んでいました。男の怒声が聞こえ何かにぶつかり壊れるような音がし、雑音の後通話は途切れてしまい
弁護士が用件を尋ねて来ましたが、切れてしまった。あの男と一緒に居たみたいだが良く分からない。そう答え携帯を返しました。
弁護士が美鈴に電話を掛け直そうとした時、感情の無い音声が整理券番号を読み上げ、電光掲示板に番号が点滅し
私は立ち上がり受付カウンターへ向かいました。弁護士も急いで電話を仕舞い立ち上がり、カウンターで私が離婚届の提出をするのを見届けました。
市役所を出て弁護士と受理通知についての話をした後、あのメモリーカードのデーターを写真印刷したものと
彼女の一連の行動に強い不快感を表した手紙を入れた封筒を美鈴の忘れ物だと託し帰宅しました。

665 :659:2017/04/12(水)00:26:40 ID:p6j
十日ほど経ち、弁護士から離婚届の受理通知が美鈴に届き離婚は成立したとの連絡がありました。
今後の手続きについて聞いた後、いつもは場数を踏んだ何処か流れ作業的で事務的な感じの弁護士が
終始困惑した口調であることに違和感を感じ、書類か手続きに不備でもあったのかと思い尋ねました。
弁護士は離婚の件に関しては問題無く受理されたが、美鈴の件で伝えたいことがあると言い
彼女が私と会って話がしたいと言っていると切り出しました。
私は断り電話を切ろうとしましたが、弁護士は慌てて、まだ美鈴とは代理人契約が残っており
騙して会わせるようなことはしないので、せめてお話だけでも聞いて頂きたい。
電話では話せない内容なのでお会いすることは出来ないか。そう言いました。私は一度だけとの条件で了承し日取りを決め、電話を切りました。
そして次の休日、もう行くことは無いと思っていた弁護士事務所へ赴き、扉を開けると
事務所は休みのようで職員は居らず弁護士本人に出迎えられ応接室へ通されました。
弁護士から美鈴が私に宛てた手紙入りの封筒を渡され、彼女に一切の助言はしていないと断りの上で以下の説明を受けました。
離婚届提出の日、男に管理されていた携帯電話を隙を見て取り戻し私に直接連絡をし、離婚を止めようとしたが繋がらず、弁護士経由で私に連絡の最中、男に見つかり逆上して壊され
男を振り切り着の身着のままで家を飛び出し市役所へ駆け込み、離婚届の撤回を懇願したが取り合って貰えず
私に会いたい一心で住み慣れたマンションへ戻ると名札は外され空室になっており
藁にも縋る思いで弁護士事務所へ行ったものの既に閉まっており、そこで一晩を過ごしたこと。

666 :659:2017/04/12(水)00:27:16 ID:p6j
男との出会いは一年前で、私が帰国した時に綺麗になって喜ばそうと思い通っていたスイミングスクールで言い寄られ
既婚者で私を愛していると断っていたが心の隙を突かれ熱烈な求愛に心を奪われ、恋愛感情を持ち
ついには関係を持ってしまったこと。
その関係は一ヶ月ほど続き、浮ついた気持ちのままお彼岸に私の両親が眠る墓へ行き手入れをしようとした時
以前私に写真を見せられ温和な印象を持っていた両親に凄まじい形相で叱責されているように感じたことで
私のことを思い出し、私を裏切ってしまった罪悪感に苛まれ目が醒めたこと。
墓の手入れをしなければと何度もお墓の手前までは行ったが、どうしても墓前に行けなかったこと。
冷静な気持ちで男の言動を見れるようになってからは、自分とは全く違う世界の人間だと分かったこと。
それ以降は理由をつけて男との関係を断り、別れを切り出す機会を探していたが強引に求められたことがあり、身辺の整理を済ませるまで待って欲しいと、心にもないその場凌ぎの言葉で男に目標を持たせてしまい、意図とは全く異なる方向へ走り出した男にどうすることも出来ず、私に正直に話す勇気も出ず
私に心があると感付いた男に携帯電話を取り上げられ脅されて再び現実逃避に走り、言いなりになってしまったこと。
弁護士から離婚届の提出に行く連絡が入った後、急速に現実に戻ったこと。
男とはもう縁を切っており会ってはいないこと。
写真や会話については何も言えない。あの頃は完全に自分を見失っていた。謝ることしか出来ない。
美鈴は憔悴し終始泣いており、言い出せば切りが無いが、全て正直に話し心から後悔と反省をしている様子だったと言い
今すぐにでも私に会いたい。せめて連絡先だけでも教えて欲しいと言っている。
どうなされますか?弁護士は尋ねて来ました。

667 :659:2017/04/12(水)00:29:03 ID:p6j
私は少し間を置き、特にお会いしてお話しすることも、お伝えすることもありません。
これから予定が入っていると言って手紙を仕舞い、不適切かも知れませんが
私が弁護士に交渉される立場にも関わらず、円滑に離婚を進める為の適切な助言を戴いたお礼として
少し包んでお渡しし、以降の交渉は行わないことを告げました。
去り際、職務上信用に関わる問題があるので本人の許可が無い限り連絡先は教えないが気が変わればいつでも連絡して来ても構わないことと
美鈴本人が書いた手紙に必ず目を通すことを勧められ、私は一礼し事務所を後にしました。
階段を下り外へ出るとそよ風が吹き空は晴れ渡り、気持ちの良い天気で散歩でもして帰ろうと思い
当ても無く歩きました。休日を楽しむ人々が行き交う街中の喧騒は遠ざかり
河口沿いの整備された遊歩道を歩いていました。
公園を見つけ木陰のベンチに座ると、子供たちの声が聞こえ目を向けました。
幼い子供たちと夫婦が楽しそうにボール遊びをしている幸せな家族風景。
私が思い描いていた将来の夢だった風景を暫く眺めた後、手紙を取り出し開くと、美鈴の筆跡で丁寧に隙間が無いほど埋め尽くされるように何枚も書かれていました。
遅くなってしまったが、海外勤務三年間の慰労と、たくさんお土産を用意してくれていたことへのお礼。
上位部署への配属と昇給したことのお祝いの言葉から始まり退院後の私の体調を気遣う言葉。
包み隠さず書いた弁護士が説明した内容に反省と後悔と謝罪。愛されたことへの感謝。
最後に、私と語り合っていた将来の夢の実現を手伝わせて欲しい。叶わぬのであれば
せめて繋がりだけは断ち切らないで欲しいとの言葉。そして美鈴の現在の住所と電話番号が書かれていました。
共に暮らし、私を愛し、私が愛した美鈴が居るような気がしました
電車の中で遠慮がちに声を掛けて来た美鈴、顔を真っ赤にしながら告白して来た美鈴、砂浜で夕日に照らされた美鈴、夏祭りで花火を見つめる美鈴。
意を決したプロポーズで目に涙を一杯に溜めて私に抱き付いて来た美鈴。
ウエディングドレス姿の美鈴。何気ない日常の中の美鈴。
海外支社へ出発の日、空港で手を振りいつまでも私を見送ってくれた美鈴。
美鈴に戻って来て貰えるのであれば一からでもやり直そうと決意したあの日。
様々な思い出と記憶が、私の中を駆け巡り暗闇の中に小さな明かりが灯ったような気がしました。

668 :659:2017/04/12(水)00:29:46 ID:p6j
しかし、その灯を燃え上らせる情熱は枯渇し、虚しく消え去り、再び訪れた暗闇の中には、忘却という寂しさがあるだけでした。
気が付くと心地良かったそよ風は強い風へと変わり木々は騒めき、幸せそうな家族の風景も
子供たちの笑い声も消え人気は無くなっていました。
私は吹き荒む風の中、手の力を緩めると手紙は風に乗り彼女の記憶と共に海原へと舞うように消えて行きました。
私は暫く目を閉じた後、ゆっくりと立ち上がり、歩けるところまで歩いて帰ろうと思い家路に就きました。
これは僅か二ヶ月と少しの間の出来事です。
人生一寸先は闇。何もかも崩れ去り、私の心も変わり果てていました。