読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

あなたの知らない音楽の探し方、教えます



最近、再び音楽づいている。過去に音楽漬けになったときは、たいてい仕事が忙しい時でストレス過多で死にそうな時が多かった。今もきっとそうなのだろう。タワーレコードは「NO MUSIC NO LIFE」(=音楽なしでは生きられない)と企業スローガンにあげていたが、私の場合は「音楽があるときは死んでいる」ことが多い。

音楽は有限だ。新しいジャンルやミュージシャンを自分自身で開拓していかないといけない。テレビやラジオは昔ほどの力をもっておらず、受け身の姿勢では新しい音楽を知ることができない。しかし、いったいどうやって探せばいいんだろう? 私の場合は以下の3つの方法でサーチしている。

YouTube先生の指導を仰ぐ

私の趣味のひとつにミュージックビデオ(MV)探しがある。
MVを探すのは、YouTubeのトップページから地道に掘っていくしかない。過去に見た映像やクソみたいなYouTuberのコンテンツがバンバンでてくるが、華麗に避けて探していく。YouTubeでの探索は「カッコイイ映像か否か」というのが私の判断基準であり、動画のサムネイルを見て面白そうであれば再生ボタンを押していく。MV探しだから当然なのだが、音楽を画像で見つけていくのはなかなか斬新な方法だ。

YouTube先生の素晴らしいところは、関連の動画を自動的にお勧めしてくれるところだ。先日も韓国人の音楽グループ THE WILD CATS(イム・ジョンニムと野良猫たち 들고양이들)の「マウヤケソ(마음약해서)」(1979年)を聴いていたら、YouTube先生が「おうおう、お前、昔の韓国ポップスが好きなのけ? この曲、良か曲やからききんしゃい」とイ・ジヨンの「리듬에 사로잡혀」(1988年)をお勧めしてくれた。この映像、80年代のアイドルアイドルした感じでなかなか良い。


高校生でデビューしたイ・ジヨン。日本語の情報がなかなかない

さらに、80年代の韓国ポップスの再生リストなんかも教えてくれるので、その時代・そのジャンルの音楽を一気に吸収できる。YouTube先生ありがとう!

Spotify先輩のプレイリストを参考にする

世界最大級の音楽サービス「Spotify」。利用者数1億人、楽曲も4000万曲ある。無料でも楽しむことができるが、私は月額980円のプレミアムサービス会員となって音楽を聴きまくっている。

好きなアーティスト、曲を探して楽しむのも良いけれど、Spotifyの魅力はなんと言っても「プレイリスト」だろう。プレイリストは、その名の通り曲の再生リストで、洋楽のヒット曲を集めたもの、寝る前に聞くお勧め、ドライブ中にピッタリなど、Spotify公式・各ユーザーが作成したプレイリストが山のように公開されている。それは昔、カセットやMDに、自分が好きな曲をセレクトしてプレゼントしたり・されたりしたときのような感じだ。
このプレイリストを何となく選んで再生していく。自分好みの曲を発見したら、「お気に入り」に入れて後からじっくり聞く。


山のようにあるプレイリスト

また、アーティストのページを開くと「関連アーティスト」も表示される。例えばでんぱ組.incのページには、BiS、A応P、神宿、夢見るアドレセンス、PASSPO、東京女子流、まねきケチャ、などが出てくる。ここから辿っていけば、あなた好みの新しいアーティストたちに出会える。


関連アーティストから探していく

1.FM君の垂れ流し楽曲から拾う

スイスに拠点を置くインターネットラジオ局「1.FM」。インターネットのラジオ曲は数あれど、1.FMは数も質も充実している。37のチャンネルがあり、ジャズ、ポップ、テクノ、ヒット曲、ダンス、などなど。無料で聞くことはできるけど、現在はアカウントを作ってログインが必要(Facebookのアカウントでもログイン可能)。過去はログインいらずで利用できたのに……。

個人的にお勧めなのが「Absolute Top 40 Radio」。このチャンネルをかけておけば、洋楽のヒットチャートは抑えられます。かかっている曲名も表示されているので、気になった曲はメモしておきましょう。

iPhoneアプリも出ており、ラジオ代わりに1.FMをiPhoneから流すのもなかなか良いもんです。


よく聴いているAbsolute Top 40 Radio