読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

はあちゅうは月に300万円noteと有料サロンで稼いでいる件

Web


はあちゅう大作家先生がお怒りであーる。
何をそんなに怒っているのか??
どうやら、noteで有料コンテンツを増やしたらTwitterで「金の亡者」と言われており、はあちゅう御大が激おこしている模様。

noteで連載量を増やすと 「金の亡者www」って言われる件(はあちゅう御大のブログ)

ここ数週間、
有料noteで課金していることを
匿名アカウントから
ツイッターでなじられたりするんだけど、
作家が文章でお金を取って何が悪いんだろう…?


じゃあアンタ、他に文章でお金稼ぐ手立て教えてくれるのか?
って思います。


そこには私に対する
「お前なんか作家じゃねえおだろww」っていう
気持ちもあるのかもしれないけれど

はあちゅう先生は、2ちゃんねるでは大変評判が悪い「電通」→ステマでお馴染みの「トレンダーズ」→そして現在はフリーランスなので、お金をいろいろ稼がないと、大変なんだぞ! トレンダーズの株を売ったらいいんじゃね!? というゲスの勘ぐりはしちゃうけどな。
しかし、改めてはあちゅう大先生の有料noteを見るといっぱいあるな~

・作家の日常 800円(月額)
・月刊はあちゅう 500円(月額)
・コンテンツ論 ~自分をメディア化する方法~ 5000円ぽっきりで読み放題

で、Synapseで運営されている有料サロンを見てみると

・ちゅうハヤサロン 6000円(月額)
・ちゅうつねカレッジ 8900円(月額)
・ちゅうもえの楽屋にいらっしゃい♪ 1000円(月額)

となっております。はあちゅう大先生の信者は月額1万7200円も必要なんですね!

はあちゅう大作家先生のnoteの売り上げが気になったので「noteでの全売上げを解説つきで公開します(2016年1月分)」を300円出して購入。300円と言えば、私の3日分のおやつ代ですよ!

記事を読んだ結果、はあちゅう先生は、noteの手数料を差し引いて、1月は約ン十万円ほどの金額を得ています。転載禁止だから具体的に書けません。が、まあ60万円以上稼いでます。本人曰く1ヵ月で「書籍印税とほぼ同額」稼いでいるとのこと。

ちなみに、はあちゅう先生の有料サロンSynapseからどれぐらい稼いでいるかを計算してみたぞ。

・ちゅうハヤサロン月額6000円×サロン参加人数381人×Synapse手数料0.8×折半=月額91万4400円
・ちゅうつねカレッジ月額8900円×サロン参加人数415人×Synapse手数料0.8×折半=月額147万7400円
・ちゅうもえの楽屋にいらっしゃい♪月額1000円×サロン参加人数855人×Synapse手数料0.8×折半=月額34万2000円

と、有料サロンで月額273万3800円も稼いでらっしゃるんですね! 羨ましい。私の年収分ですよ、これは。
2人でやっているサロンが多いので、仲良く半分こで計算。Synapse手数料は20%。そしてちゅうはやサロンは二ヶ月限定と言ってますが、稼げているので伸びそうな気がしますね。

noteと有料サロンで、月額300万円以上稼いでいるんですよ、はあちゅう大作家サロン先生は!!! 私もこの日記で散々はあちゅう先生を取り上げましたが、今後は「はあちゅう@月収300万大先生」とお呼びしたいと思います。
年収にすると3600万円とオンラインサービスで稼いるのか。これは節税しないと、相当税金を取られ…… いやいや納めないといけないので、ぜひ節税について本を書いて欲しいですね。

はあちゅう大作家サロン先生の気持ちはスゲーーわかりますよ。月に300万円以上稼いで、印税もあってトレンダーズの株もたんまりもっているのに、どうせ、手取12万8000円で、トイレ・風呂なし池袋のオケラ荘に住んでいる非正規の素人童貞の連中に「金の亡者」と言われたら、そりゃムカつきますよね。

はあちゅう大作家サロン先生は、ぜひTwitterで罵詈雑言がきたら、「あ-、素人童貞のチミは、月300万円稼いでから文句言ってね。イライラしているなら大塚の早朝ピンサロ(20分2回転2000円)にでも行きたまえ」と返してやればいいんですよ。
月額300万円以上稼ぐはあちゅう大作家サロン御大大先生が、そんなしょうもないリプライを返すのは利益損失になるので、なんなら私がTwitterBOTを作りますよ! その際は、ステマでお馴染みのトレンダーズの株を少々を頂けたら嬉しいです……ぐへへへ(揉み手)。

あ、はあちゅう@月収300万大先生について熱く語ってしまいましたが、本来は「なぜ、はあちゅう@月収300万大先生は金の亡者と呼ばれるか?」というのを解説するために、この文章を書いていたんですよ。

「はあちゅう@月収300万円を稼いでから文句を言え大作家サロン御大大先生マジリスペクトトレンダーズの株下さい」さんが、最近金の亡者と言われるか? まあ、販売している内容がアレげというのもありますが、金の亡者さんと付き合っているのが原因の1つだと思われます。

そう、最近やたら叩かれている、高知のトマト★スーパースターブロガー「イケダハヤト御大」と組んでいるからです。最近のトマト御大は、金・金・金~ と与沢翼もビックリのマネーコールですよ。

最近のトマト御大が、マネーを連呼しているブログエントリーのタイトルを、ここ1ヶ月の期間で抜き出しました。

2月5日 今月の「note」の売上が100万円を突破。けど、ぼくが稼げるのは当然ですよ。
2月4日 「#ちゅうハヤ 」サロン大盛況!350人突破しました。note祭りだウェーイ!!
2月4日 ブログはしょせん「広告ビジネス」だった。しかし!noteのおかげで「作家業」で稼げる時代がやってきた。
2月3日 もっと面白いコンテンツを作るために、ぼくは「有料化」を進めようと思う。
2月3日 まだ金儲けが下手で消耗してるの?
2月3日 月末で解約すれば無料です。イケダハヤトの「有料マガジン」をお試しあれ!
2月2日 ぼくのブログの「アクセス数」と「売上」が閲覧できる「有料マガジン」を発売しました。
2月1日 有料note、有料サロンで稼いでますよ!ウェーイ!
1月31日 [イケハヤnote速報] noteでのコンテンツ販売、月商200万円に到達いたしました。
1月31日 noteの勝ちパターン、ひとつ見つけたよ。noteは情報が古くならないんです。
1月29日 [note速報] 梅木雄平氏の戦闘力は「187万円」。イケダハヤトは「100万円」
1月29日 「ブログで稼ぐ」主要な方法を、月商300万稼ぐプロブロガーが丁寧に解説します。(有料記事)
1月27日 「書き手」であるあなたが、「有料記事」を執筆すべき理由。|イケハヤ文章塾
1月26日 イケダハヤトへの講演、原稿、インタビューの依頼について。値上げさせていただきます!
1月25日 今月始めた「note」のおかげで「300万ページビュー」を突破!
1月25日 「noteを始めてから、ブログがつまらなくなった気がします」と言われたので答えるよ。
1月24日 「このコンテンツ、380円は高いと思います」とか書いちゃう人、おバカなのかな?
1月23日 Umekiさん、田端さんのnote売上がやばいw 1記事で100万円…!!
1月23日 有料記事について。「値上げ」はするけど、「値下げ」はしません。
1月21日 noteの有料マガジン、購読者が300人を突破しました!これからやっていきたいこと。
1月21日 まだAdsenseに依存してるの?「note」のおかげで2016年は「脱バナー」できちゃいそう。
1月20日 売上50万見えてきた。もう作家は「note」だけで生きていけるね。
1月20日 noteで有料コンテンツを売るメリット:「買いもせずに批判する人」が一発でわかるぞ!
1月19日 あなたが「ブログ記事にお金を払う」べき理由。
1月18日 noteブームに乗るなら今でしょ。「儲からない時期に、どこまで本気を出せるか」が勝負。
1月18日 田端さんがnote祭りに参戦したよ!「売れすぎて労働意欲が下がるレベル」らしい…。
1月18日 イケダハヤト、収入2,000万円。その質素な暮らし。
1月17日 ぼくがnoteに興奮する理由。これまで、ネットの記事は「無料だから」ちゃんと読まれていなかった。
1月16日 「100円の有料記事」を買うのに躊躇する人は、割とほんとうに人生を損していると思う。
1月15日 月額500円で、あなたを「実験体質」にします
1月14日 きたこれ!1時間で書いた「noteの有料記事」で「3万円」稼いだよ。
1月14日 ニートでも学生でも、今すぐ「ブログで稼ぐ」ことができます。
1月13日 1日1万PVだと?なぜか「note」がめちゃくちゃ読まれている件。
1月12日 「イケダハヤトのブログ塾」に10ヶ月参加。その費用対効果は?
1月11日 Umekiさんが「3,000円の有料記事」を売りまくっている件。メディア界隈のみんな、これ要注目の事例ですよ。
1月11日 ぼくは、「有料でブログ記事を買う文化」を創りたいと思う。
1月10日 はあちゅう、梅木雄平、イケダハヤト―あるいは「稼げる作家たち」
1月9日 売上150万!? 「ネット声優」って、こうやって稼いでいるのか…と驚愕した話(有料、150円)
1月8日 noteで有料マガジンを始めました。初月無料、月額500円です。これ、稼げますぞ…!

年収150万円で喰っていくと……と言っていた人とは思えないですね!

以上、貧乏人の僻みレポートでした! サンキューベイベー★