Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

やっぱり講談社も繋がり有り



今回の講談社対ジャニーズの騒動(まぁ勝手にそう言っているだけなんだけど)について、2ちゃんねるmixi上で「講談社はジャニーズ関連と繋がりがないので痛くも痒くもないのでは?」と多数指摘されていた。
が、2ちゃんねる【出版】雑誌VoCE、今度はKAT-TUNのコンサートを取材 違法グッズも激写!(もうdat落ちしてた)をウォッチしていると、次のような興味深い書き込みがありました。

549 :名無しさん@恐縮です:2006/05/28(日) 23:49:18 id:bX6BlSonO
>548
でも、VoCEでは『花よりもなほ』講談社合同試写会の募集を
行っていて、ウェブに本来は出版物でしか使ってはいけない
岡田の画像出しているのもスレで突っ込まれている。
ttp://www.joseishi.net/voce/movie/movie.html

講談社ではこの映画からの写真集も出すが、書籍紹介では
ウェブ用に画像処理している。
ttp://shop.kodansha.jp/bc/yoyaku/books/okadajunichi/

次号のFRaUは表紙・特集になるから、そちらの公式サイトは
表紙画像を載せないか処理はかけてくるはず。
ttp://www.joseishi.net/frau/next/next.html

FRIDAYが色々やっても、講談社がジャニーズと完全に縁が
切れているわけでもないし、VoCEは無知とアホ丸出しとしか
思えない

なんだよ〜 講談社さんも『岡田准一 改メ 青木宗左衛門』の紹介、無茶苦茶イラストじゃん。しかも「※実際の表紙ではありません」と注意書きまで入って。ジャニーズ相手にガンガン戦うなら「VoCE編集部はダメだけど、他の部署はまだまだ気骨があるんだね」と思うけど、もう負けてるじゃん!
上のポストにも書かれているけど、次号のFRaUは表紙は岡田准一。恐らく画像処理された書籍とのタイアップ&映画の宣伝なんだろうけど、本当にどんなWeb処理でくるか楽しみだ!
→参考 ジャニーズの肖像権管理が異常に厳しいと書いたエントリー「ジャニーズオソロシス