Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

お前の夢は何?



本を読まない人はな~
・百年の恋も冷めた瞬間 Open 6年目

650 :名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)16:03:39 ID:uK8
宝くじの当選番号を照会していたら旦那に「おまえの今の夢って何?宝くじ当たったらどうしたい?」って聞かれた。
「3ヶ月ぐらいどこかの貸別荘に籠って、読書三昧な生活がしたい」と言った。
そしたら旦那が不機嫌になってしまったので「籠って」ってのがひとりでって受け止めたのかな?と思ったから
「旦那くんも一緒だよ」って言ったら「そんなことどうでもいい!」って言われて
「じゃあどうして不機嫌なの?私の夢、なんか変?」って聞いたら「つまらなさ過ぎてがっかりした」って言われた。
「でかい家に住みたいとか、豪華客船の旅とか、世界遺産巡りとか、なんか色々あんだろ。
おまえってほんとつまんねー女だな」って言われて、今度は私の方がブチ切れてしまった。
「でかい家に住んだって掃除が大変なだけだし、船酔いするから船旅なんて勘弁してほしいわ。世界遺産だって
巡りたいほど興味ないわい。夢なんて人それぞれだろ」って言ったら
「おまえとの人生がなんかつまんなく思えてきた」って言われた。
これで更にブチ切れて「だったら離婚届持って来い」って言ったら黙って部屋を出て行った。
で、さっき「ごめん」って謝ってきたから「ごめんぐらいじゃ許せん。人の夢を否定するばかりか
パートナーに対してつまらない女ってどういう事?ショックで当分立ち直れんわ」って言ったら
それ以来ずっと困った顔してウロウロしてて鬱陶しい。
旦那は本を読まない人だから、読書好きなのにまとまった時間が取れないってストレスや
だからこういう夢を持つってのが分からないんだろう。
分からないのは仕方ないにしても否定することないじゃないか。
本当は「私のことつまんない女とかぬかすなら私以上に稼いで来い」って言いたかったのを必死で飲み込んでた。
同い年の同期入社なのに収入に格差が出てきたことを気にしてるのは分かってたから
旦那のプライドを傷つけないように気遣ってきたけど、もう疲れた。
私自身、たぶん旦那に対してストレス溜まりまくっていたのかも。
でも本当にもうどうでも良くなった。離婚したい。

654 :名無しさん@おーぷん:2017/06/10(土)17:16:35 ID:A1l
>650
旦那のプライドを傷つけないように気遣ってきたけど、もう疲れた。
優しいなあ、でも下手に気を使うと結局無理も出てキツくなるよね
離婚するにしろなんにしろ、言いたいこと言ってやればいいと思うよ

655 :名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)17:29:17 ID:Glt
豪華客船の旅をテレビで見たことがあるけど、ご年配なら楽しすぎるんだろうけど若い人には多分大して面白くないだろうなと思った

656 :名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)17:47:27 ID:Ufb
旦那の好みに合ったプランが出てこなかったってだけだよな
それで不機嫌+罵倒のコンボが出てくるあたり多少のモラ臭がする
デカい家に住む、までで思考が止まっていて管理も維持費も考えてないなら
当選金額でできることの見積もりも実際の額より過大に捉えてそうだ
現状の収入差に不満を抱いてるなら
実際宝くじが当たったら勝手に仕事辞めそうな危うさも感じるなあ
大丈夫なのか、その旦那

657 :名無しさん@おーぷん:2017/06/10(土)18:29:25 ID:OH8
>>650
旦那ガキすぎないか。
結婚して働く年齢までいってるなら、普通に育てられた人は他人の価値観を根本から否定するようなことは言わないと思うが。
いっときの感情で結婚生活を終わらせたい旨を口走るみたいだし。
しかも、読書が人を豊かにするのにそれをつまらないって…国語嫌いの小学生じゃないんだからねぇ。
スケールとプライドだけは過大で、現実が見えてなんだろうね。ついでに自分も見えてないだろうから突きつけてやりなよ。
そのテのバカと昔付き合ってたことあるけど、言わないと自覚しないよ。ソイツは言っても分からなかったみたいだけど。

658 :名無しさん@おーぷん :2017/06/10(土)19:22:14 ID:uK8
>>650です。
自分で離婚したいと書いておきながら、いざ旦那フルボッコだとそれはそれで凹んでしまうのが自分でも不思議。
まだ愛情が残ってるのかな・・・。よく分からない。
ただここ最近旦那と向き合うのがしんどくなってるのは事実。
もしかしたらお互いの為にこの結婚生活はリセットした方がいいのかなと思う。
一度きちんと夫婦で話さなきゃいけない時期なのかも。
ちょっとスレ違いになってしまいましたね。落ちます。
ありがとうございました。