Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

足が痛いときがある



ひえ~ これは怖い。
・今までにあった修羅場を語れ【その19】

743 :■忍法帖【Lv=1,バンパイア,kRY】:2017/01/24(火)17:03:15 ID:5nq
私は若い頃に、足首を怪我したことがある
怪我自体はとうの昔に治ってて、普段は普通に歩けるしヒールも履けるのに
時々ろくに歩けないくらい痛む日がある
気圧とか気温の問題だと思うんだけど、医者も理由がわからない
多分神経痛でしょうということで、どうしても我慢できないときのために
鎮痛剤を処方してもらってる程度
冬になると特に痛むので、家事をするのも億劫になって店屋物を取ってた
近所のお蕎麦屋さんにちょくちょく頼んでたんだけど、ある日出前に来てもらって
玄関にいったら、それまで感じたことのないような痛みが走ってうずくまってしまい
配達のお兄さんを慌てさせてしまった
「足が悪くて。いつものことだから心配しないでください」とだけ説明した
その数日後、アパートに帰宅したら部屋の内側から物音が聞こえた気がした
嫌な予感がしたのでドアから離れたところ、ドア横のすりガラス越しに人影が見えた
びっくりして逃げ出し、すぐ近くのコンビニに駆け込んで店員さんに宥められながら通報
警察が来るまで生きた心地がしなかった
警察が調べてみたらベランダの窓が割られてて、中に誰かが侵入した形跡がある
部屋にジャンパーが脱いであったので調べたら財布が入ってて、なんとお蕎麦屋さんの
配達のお兄さんのもの
警察が応援を呼んで周囲を調べたら、徘徊するお兄さんを発見
素直に署に連れて行かれて、不法侵入を認めたので逮捕
「足が悪いから逃げられないと思ったのに、あんなに足が速いなんてだまされた」
と逆ギレかましてたらしい
警察に「あなたは歩けないと彼に言ってました?」と聞かれたので
「足が悪いと言ったことはあります」と答えたら、「多分歩けないと勘違いして襲おうとした」と
教えられてひ~~!!ってなった
お兄さんは執行猶予中の身で、遠い地で事件を起こして親戚の家(=お蕎麦屋さん)に預けられて
慰謝料のため一生懸命働いていたところだったらしい
よくまとめで「悪いことをしたやつが飛行機の距離にある親戚のところで働かされて~」って
見るけどそういう類のことだと思う
お兄さんはこのことで塀の中に収容されて、しばらくしたらお蕎麦屋さんもなくなってしまった
おいしいお蕎麦屋さんだったのに・・・と複雑な気持ち