Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

熱心に誘うわけ



そういう理由か……
・その神経がわからん!その20

519 :名無しさん@おーぷん:2016/05/20(金)17:52:50 ID:3ny
同じマンションで、仲が良いと言うほどの付き合いはないが
エントランスで会えば挨拶をする程度には付き合いのある奥さんがいる。
その奥さん(Aとする)、学童保育のお手伝い(パート)をやってるそうだが
仲間のひとりが旦那さんの転勤で辞めて、人手が足りないらしい。
それで何故か私に「一緒に手伝ってほしい」と打診があった。
専業主婦なのはAに知られていて、だからヒマでしょうから是非にってことのようだ。
子供は嫌いではない。私自身、子供の頃に学童保育のお世話になった。
が、私は子供がいない。
子供を育てたことのない自分が、人様のお子さんのお世話をするなんて無理過ぎる。
自信がないし、何かあってからでは遅い。
あまり家庭の事情は話したくないので「子供を育てたことが無いので
余所様のお子さんを預かるのは自信がないし、時間もない」という方向からお断りした。
そしたら「乳幼児ってわけじゃないし、小学生だから大袈裟に考えなくてもいい」と言い
どうにか手伝ってほしいと食い下がられた。
「でも無理です。忙しいし」と再度断ったら「忙しいって言っても専業でしょ?」と言われ
「専業になったんですよ。忙しいから」と言ったら「何がどう忙しいって言うの!?」と
イライラモードになって詰め寄られた。
本当は通い介護やってるからなんだけど(その為に仕事を辞めたの)
なんで一方的にイライラされなきゃならないんだ?と思ったらムカついて
「どう言われても無理なものは無理です」と言って会釈して別れた。
後日、別の奥さんから、その人も誘われたことを聞いたんだが、他にも何人か誘われたようだと聞き、ずいぶん熱心だなと思ったら
実はその転勤で辞めた人ってのがAさんの友達で、学童保育の場所まで一緒に車に乗せてってもらっていたそうだ。
要するに足が無くなったから、手伝いが欲しいんじゃなくて足を確保したかっただけらしい。
歩けよ。