Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

生き別れの母親



うむむむ。
・今までにあった修羅場を語れ【その16】

910 :名無しさん@おーぷん:2016/02/27(土)14:27:16 ID:UNE
書き逃げ。フェイクの所為で辻褄の合わないところがあるかも。
実母は私を生んですぐ「男の子が欲しかったのに」と言って育児放棄。ひとりで実家へ戻り、2度と戻らずそのまま離婚。
怒った父方の祖父母が写真とか捨ててしまったので、私に実母の記憶はほとんどないし顔も知らない。
そして私が幼稚園の頃、父が再婚。この再婚相手の人が、私にとっての本当の母。
6歳と8歳年下の弟達と私を分け隔てなく育ててくれてくれた上に、私を「可愛い娘」って甘やかしてくれる。ここまでが前提。
社会人になって働き始めて3年目の春、新卒Aの教育を任された。
高校生に見えるぐらいの童顔なAは、新卒の中では1番礼儀正しくてしっかりしていた。
仕事の飲み込みも早く、普通は3カ月かかる新人教育が2ヶ月で終了して、早くも配置先が決まってしまった。
私が「あー肩の荷が下りた!」って喜んでいたら、Aに「お世話になったお礼に」ってことで食事に誘われ、その時に告白された。
当時は付き合っている人もいなかったし、ハッキリ言ってAは好みのタイプと全然違うけれど、悪くないかなと思ってOKした。
Aは母子家庭で、母親の束縛がかなり厳しいと愚痴っていた。休日は一緒にお出掛けしないとヒスるそうなので、仕事が終わってから食事に行くのが私達のデートだった。
Aと付き合い始めてそろそろ1ヶ月になろうとしていた土曜日、弟1の誕生日プレゼントを買う為に弟2と一緒に外出した。
弟1が「枕が欲しい」って言ってたから家具店を2人でうろうろしてたら、なんと中年女性と歩くAの姿があった。
話を聞いていたし、年齢的にも彼の母親なんだろうなと思った。「息子に執着する母」ってのがどんな感じか興味があったから、挨拶しようと2人に近付いた。
続きます。

911 :名無しさん@おーぷん:2016/02/27(土)14:28:17 ID:UNE
「あれ、A君?こんにちは。偶然だね。」
あくまでも「ただの会社の先輩」を装ったつもりだったんだけど、私の演技が棒だったのか、A母の野性の感が鋭かったのか分からないけれど、私が声を掛けるまでにこにこしていたA母がいきなり般若の顔になった。
「Aちゃん?!この馴れ馴れしい女誰よ!」
フロア中に響く大声でびっくりして固まる私に、A母、近くにあった店の商品を手当たり次第投げる投げる。バーサーカー状態。
物が飛ぶので野次馬も迂闊に近寄れなくて、A母は駆けつけた店員3人とAによって取り押さえられた。私は最初に投げられた電気スタンドが頭に当たり、店員が呼んでくれた救急車に乗って弟と病院へ。
ちなみにA母は私に付き添う弟を見て、「男連れのくせにAに声かけるなんて!」と散々罵ってくれた。意識はあったからしっかり聞こえた。
病院で検査したら異常はなかったけれど、頭だったので様子をみる為に一晩入院。翌日、Aが祖父母を連れて謝罪に来たんだけど、衝撃の事実が発覚。A母、私の実母だった。そしてAは私の異父弟。
A母と父が離婚してからA母実家とは没交渉で、孫より娘が大事だった祖父母は私のことは忘れていたそう。A母のしでかした事を知り、被害者である私の名前を聞いて「まさか‥」と思ったらビンゴだったと。
父と離婚後、すぐ再婚したA母は念願の男の子であるAを授かり溺愛→夫を蔑ろにする→夫が不倫→離婚したそう。どうでも良いけど。
私への暴行だけでなくお店にも被害を与えたので、A母は塀の中へ。慰謝料はがっつり貰いました。Aは退職しようとしたけれど、期待の新人なので散々引き止められてまだ私と同じ会社にいる。
Aとは勿論別れた。エッチする前で良かったなーと心の底から思っている。蛇足だけど、今回の件で1番激怒していたのは私の母だった。
世間の狭さにびっくりしたし、あんなにふぁびょって暴れる人の血が流れているのか‥と知らされて、自分の修羅場は未だに継続中。