読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

猫は「麻薬」である

雑感


子猫を保護して約1ヶ月。幼稚園の頃、インコを飼って以来のペット(インコは貝殻を喉に詰まらせて死にました……)。しかも猫。
この猫と一緒に暮らしていると、様々な発見があった。
猫は危険だ。噛まれたり引掻かれたり、早朝にたたき起こされたり、芸もあまり覚えず、家具をかじったり、●振り回したりするデンジャーな生き物だが、多くの人がニコニコしながら飼い続けていることに長年疑問を持っていた。しかし、実際に飼ってみてその謎がやっとわかった。猫は「麻薬」なのだ。一度、うっかり飼ってしまうと、麻薬同様人間をダメダメにしてしまうブツだったのだ。もちろん「猫耐性」を持っている人は違う。
それでは猫が麻薬である7つの理由を述べたい。

(1)バカになる
大麻をキメすぎるとバカになってしまうが、猫、とくに子猫は一瞬にして「カワイイ~」と人間を思考停止にさせてしまう。その効き目はとってもハードで、幼稚園の子供から禿げた中年おっさんまでメロメロにさせてしまう。仕事に厳しい強面の課長も、子猫をだせば破顔一笑だ。
先日動物病院に子猫を連れて行った際も、待合室で見知らぬ女性から「カワイイですね」と声をかけられた。子猫を抱えてナンパをしたら、日頃は無視する美女も立ち止まって、話ができふれあう可能性も一気に高くなるだろう。これも猫が出ている「人をバカにさせる」成分のなせるわざだ。

(2)多幸感に包まれる
ヘロインの多幸感は強く、一生で味会うことができる数倍もの快感がやってくるので「約束された安堵」と言われるほどだ。しかし、ヘロインは最初の一発目で気持ちよくなるのではなく、最初は吐いたり便秘になったり悪寒に襲われながら、その快感の頂を目指す、初心者にはハードルが高いハードドラッグだ。
し・か・し、猫は「なでる」だけで、気持ちがほんわかしてくる。さらに「だっこ」すると、猫から伝わってくる熱で体も心もポカポカしてくる。さらに抱えていると猛烈な眠気に襲われる。それはもう眠剤をキメたかのようだ。眠剤同様に眠気と戦ってもさらなる多幸感を目指すのも良いが、一緒に添い寝するといつも以上に睡眠時の快感に襲われる。もちろん、うっかり寝返りで猫を潰す危険性があるので注意。
おもちゃで遊ばせると、なぜか楽しい! 不思議!!

(3)良い匂いがする
私にはよくわからないが、猫からは「良い匂い」が出ているらしい。その匂いにとりつかれた人間は、コカインのパウダーラインを一気にスニッフするように、猫の頭からしっぽにかけて、背中をクンカクンカして、トリップしているようだ。しかし、注意しないと猫のお尻から「素敵なサムシング臭」が出てくる時もあり、これを嗅いでしまうと一瞬でバッドトリップになる。上級者になると、このサムシング臭でハイになる中毒者もいるとか。
猫をほおずりしながら、臭いをキメるという廃人もいるらしい。

(4)中毒性がある
インターネット上で「猫成分が足りない」という発言があるように、猫には極めて高い中毒性があるようだ。猫を飼っていない人、もしくは出先で「禁断症状」が出たときの人のために「猫カフェ」が存在する。また、YouTubeの猫動画やネットにアップされた猫写真を見ることで、禁断症状を緩和させることもできる。しかし逆により強く「ニャンコをナデナデしたい!」と逆効果になる人もいる。

(5)利用者の仲間意識が強い
ジャンキー同士は仲間意識が強い(その割に、仲間をすぐ売ってしまうが)。初対面ですぐに仲良くなれ、素敵な奥様もビックリの情報交換を行い、クレクレママも逃げ出すほどの交換をやってしまう。同様にニャンキー(猫中毒者)も仲間意識が強く、結束が固い。「ウチの猫が便秘で困っている」とブログに書くと、いつもは閑古鳥が鳴いているコメント欄にたちまちとアドバイスと解決方法が書き込まれ、「カワイイ猫写真です」と写真を一枚アップするだけで、たちまちはてなスターとブックマークが付けられる。なんだ、この結束力は!

(6)乱用者がいる
あるジャンキーに「俺は、確かに非合法なブツを使っているけど社会生活は正しく営めているので常用者であって、乱用者ではない」と力説されたことがある。まあ、確かに彼の言い分には一理があるが、会社でキメるのはどーかと思うぞ。
猫も同様に重度のニャンキー、つまり乱用者は社会生活がまともに営めていない。大量の猫を自宅に飼って、世話やしつけもできず、ご近所に迷惑かける「猫ババア」。避妊手術をしていない猫を飼う人間を過剰に攻めたりする「猫キチガイ」などが、世間に知られている。

(7)惜しげも無く金を突っ込む
手取り15万円なのに、グラム数万円の白い粉にお金を気持ちよく払う麻薬中毒者。同じように猫のためなら、床にクッションマットを敷き、キャットタワーを設置し、イケアのカワイイ猫ベッドを飼い、自分の食事以上に猫の餌に気を遣い、何かあれば保険がきかない病院にまめに連れて行く。
麻薬>>>>>お金 と同じように 猫>>>>>お金となっている人が多数いる。


てなわけで、猫はカワイイね。カワイイ~ きゃわいい~ にゃーにゃー ニャンコちゃん、にゃんこちゃん!!!

こちらからは以上です。