Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

お爺ちゃんの力



いったいどんなバチが……
本当にやった復讐

519 :名無しさん@おーぷん:2014/05/08(木)12:54:26 ID:ULbkDPnHg
オカルトな復讐?
小学校の同じクラスにガキ大将がいて、それがまた、けっこうなDQNでした。名前は普通でしたが。
ある時、放課後みんなで遊んでると、途中ガキ大将が無理やり入ってきて、それにある男子が文句つけて大喧嘩に。
最後は散り散りになって、うやむやのうちに解散で、別の男子と一緒に帰ってるとそこにガキ大将が。
なぜか二人して頭にゲンコツを、ゴチーンゴチーンとお見舞いされ、私と男子は大泣き。
あげくガキ大将は私が身に付けてたお守りと、男子のリストバンドを奪い取り、去って行きました。
「これは人質な!」とかなんとか。
喧嘩相手男子は敵で、私と男子にガキ大将側に付け、ということらしかったです。
男子と別れ、家に帰ってそのまま隣の祖父の家に行き、祖父にその日の出来事を話しました。
(家同士は廊下でつながってました。)
祖父は拝み屋で、祖父に貰ったお守りを取り戻すようにおまじないをして欲しい、とお願いしました。
すると祖父は、「それだけ済まねえ、そのガキ大将にバチあてちゃろう。」と笑いました。
そして御勤めをするからと、私を家に戻しました。
その後、泣きはらしたガキ大将とその母親が家を訪ねてきて、家の両親と私に謝りながら、お守りを返してきました。
それからどうやら、祖父の家にもお詫びをしたらしいです。
祖父はニコニコ笑うだけで、何をしたか教えてくれませんでした。
ガキ大将は、あまりおとなしくはなりませんでしたが、私にだけはビクビクとして怖れるようになりました。
祖父が亡くなった後、たまたま親族にその話をしていると、父が
「おじいちゃんは、拝み屋だけど、それよりもずっと拝み屋続けてて作り上げたネットワークが凄いから…」
と言いました。伯父や叔母も、ウンウンうなずいてました。
どうやら、ガキ大将の父親が勤めていた工場の会社にもツテがあるらしく、手を回したのではないかと。
田舎町なので、工場に勤めている人は多く、その会社の幹部や役場の人に誰かについてチクリと言えば、すぐ当人に伝わる位だそうで。
どおりで、お葬式が異様な雰囲気だったと…。
祖父の拝み屋稼業の正体が知れて残念でしたが、孫バカだった(特に私に対して)と話に花が咲いたのはよかったです。