Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

Fedora Core2 の文字化け対策



プロンプトでは文字化けで表示できず。どうやら文字コードがうまい具合に認識していないようだ。Fedora/文字コードというサイトを参考に以下の作業を行った。
/etc/sysconfig/i18n というファイルを編集し「LANG」と「SUPPORTED」の値を以下のように変更する。

・変更前
LANG="ja_JP.UTF-8"
SUPPORTED="en_US.UTF-8:en_US:en:ja_JP.UTF-8:ja_JP:ja"
SYSFONT="latarcyrheb-sun16"


・変更後
#LANG="ja_JP.UTF-8"
#SUPPORTED="en_US.UTF-8:en_US:en:ja_JP.UTF-8:ja_JP:ja"
LANG="ja_JP.eucJP"
SUPPORTED="ja_JP.eucJP:ja_JP.ujis:ja_JP:ja"
SYSFONT="latarcyrheb-sun16"


ページャの設定も以下のように変更する。場所は「/etc/man.config」
・変更前
PAGER  /usr/bin/less -is

・変更後#PAGER  /usr/bin/less -is
PAGER  /usr/bin/lv

ずっと文字化けしていたのが、これでkonをたたくと無事に日本語表示された。
・manコマンドを終了させるときは「q」をタイプ
・サーバーサービスの起動の際はプロンプトから
#kon
#setup
でOK