読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

炎上ツイート・ダダ漏れ事件まとめ

Web

めがねおう氏の炎上ツイート、そらの氏の炎上ダダ漏れ事件の情報はここに随時まとめていきます(最終更新日 2011年4月27日)
今北産業
・ツイッター上でで非モテタイムズの「めがねおう氏」が「フランチェス子氏」を罵倒し、「めがねおう氏」がソラノートで運営するUST番組「そらの的あさニュース」番組で顛末一方的に武勇伝として話す。
・放送をしたソラノートに非難が集中。対応に当たったそらの氏がTwitter上でフランチェス子氏に謝罪がするが、対応のまずさに火に油を注ぐ結果に。いろいろあったが交渉は進む
・フランチェス子氏が和解案をソラノートに送る。どんな和解案か不明だが、それを受け入れられることができなかったソラノートは「放送に問題がなかったから謝る必要がない!」と回答。そしてそらの氏のUSTREAMアカウントが削除される!
非モテタイムズ閉鎖を発表←いまここ

●トラブルの経過
(1)3月1日から2日にかけて、ツイッター上でで非モテタイムズの「めがねおう氏」が「フランチェス子氏」を罵倒する。3月2日にめがねおう氏は、その様子をダダ漏れ女子として有名な「そらの氏」のUST番組「そらの的あさニュース」(←問題の回は現在は視聴できず)に出演し武勇伝として語る

(2)この件に関して、めがねおう氏・そらの氏に非難が集まる。そらの氏は「公平なメディアを提供しているつもりだったが、できていなかった」と謝罪&そらの氏が所属する会社ソラノートが謝罪文をアップする。しかし「被害者を一緒に馬鹿にした件はどーするの?」と突っ込まれる。この一連のやりとりを見たツイッター金髪大明神こと津田氏もあきれる

(3)めがねおう氏の上司である永上氏(株式会社ホットココア)が被害者フランチェス子氏のツイートを改ざん(目立つためか?)。また、そらの氏の会社にアップされていた謝罪文が一時取り下げられる。そらの氏がいろいろと釈明をするが、ますます墓穴を掘り、さらにみんなから呆れられる。

(4)3月6日
・永上氏(株式会社ホットココア)が、めがねおう氏の非モテタイムズ編集長業務を委託していたが解任。この解任のお知らせをはてブされたくないためか、解任のお知らせを書いては消す・・・ という行為を繰り返す。
めがねおう氏はツイッターアカウントと自身のブログを削除して遁走する
・ホットココアが炎上マーケティングで得たPV数をどのように換金するのか、はてな匿名ダイアリーに詳しい解説が投稿され注目される。
・フランチェス子氏、めがねおう氏の件で永上氏に問い合わせをする。永上氏は48時間以内に回答約束するが、返信などせず一方的にめがねおう氏の解任を発表し、フランチェス子氏激怒する。

(5)3月7日
・被害者であるフランチェス子氏が自身のブログで、ソラノートプロデューサー梅本氏に送ったメールを公開。全く被害者の事を考えていないソラノートの対応に怒りを表している。
・このメール公開に対して、3月7日午前2時30分頃、そらの氏がフランチェス子氏にツイート。そらの氏のコメントがグダグダで、事態が悪化されると思いきや、元祖ダダ漏れ女子にしてケツダンポトフのサイトデザインをしているトミモト氏が参戦。事態収拾を図る。
ホットココアの顧問である家入一真氏が、そらの氏をいじめるな&経営者として永上氏に惚れているとツイートし、みんなビックリ!
・3月7日に予定されていた、ソラノートの謝罪文はアップされず

(6)3月8日 特に動きなし。永上氏の謝罪もなし!

(7)3月9日 francesco3氏曰くめがねおう氏・そらの氏と水面下で謝罪交渉が進んでおり、和解したら報告するとのこと。また、今回の炎上事件に関して永上氏(株式会社ホットココア)だけでなく、元々2ちゃん系で成り上がった人が暗躍しているという指摘がでる。永上氏からの謝罪は今日もなし!

(8)3月10日 2ちゃんねる風掲示板「したらば掲示板」をライブドアに1億18万9800+α円で売却、大学受験・予備校掲示板「ミルクカフェ」を株式会社サイブリッジに売却し、「萌えBBS-萌え画像と掲示板」や「図でわかるドロップシッピング」はホットココアの永上裕之氏に売却し、その後ロケットスタートという会社を作り、おばあちゃんの知恵袋的サイト「nanapi」を運営する「けんすう」こと「古川健介氏」。
このnanapiはホットココア同様、はてなブックマークを使ったスパム行為をしているのではないかと、はてな匿名ダイアリーで指摘され話題を呼ぶ。古川氏は、はてな匿名ダイアリー上でこれを否定。古川氏はTwitter上でも釈明を行い、問題となったはてな匿名ダイアリーはエントリーを削除。
ダダ漏れ炎上問題から、各方面に問題が広がっている。

(9)3月25日 交渉は進んでいたが、大震災の影響で一時中断。その後、フランチェス子氏の確認をとらずにソラノ―ト側は自身のサイトに謝罪をアップする。その謝罪文では被害者であるフランチェス子氏に対する謝罪はなく、あくまでも「視聴者」に向けて書かれたものであった。

(10)4月2日 被害者であるフランチェス子氏からソラノ―ト側に和解案を送る。が、その和解案を受け入れることができなかったのか、ソラノ―ト側は謝罪姿勢を一転し、「あの放送は問題なかったので、フランチェス子氏に謝る必要はない!」と弁護士を介して通達。めがねおう氏からもいまだに反応はない模様。

(11)4月3日 フランチェス子氏とそらの氏、Twitterで上でバトル。そらの氏は「代理人を通せ!」という回答に終始する。トミモト氏がフランチェス子氏の和解案は「和解金」が問題だったと、はてなブックマークで指摘。また、ソラノ―ト側の代理人である弁護士に関する噂も飛び交う。

(12)4月4日 和解案は「和解金」が問題になっていると指摘しているトミモト氏に対して、フランチェス子氏はツイッター上で質問をする。

(13)4月6日 そらの氏が利用しているUSTREAMのアカウントが削除される。もう1つアカウントがあるとはいえ(←アカウントとチャンネルを混同していました。ソラノ―トのアカウントは1つだけでした) USTREAM中継を売りにしてるソラノ―トとしては大変厳しい状況になる。

(14)4月7日 津田大介氏が「和解金に関するフランチェス子氏とトミモトリエ氏のやりとり」(http://togetter.com/li/119955)に対して、はてブコメントで
「本質の1つ。一方の視点としては昨今のメディアによる名誉棄損訴訟は「テレビ」や「雑誌」など、数十万〜数百万単位での閲覧があったからこその高額化であることを踏まえ、ソラノートのUstのView数どうだったか的な。」(http://goo.gl/J8XWE
と書き込んだことに対して、フランチェス子氏が質問。その回答をしつつ、津田氏が今度のやりとりについてアドバイスをする。
が、津田氏の考えとフランチェス子氏の考えは根本的に違うため、うまくいかず。

(15)4月22日 めがねおう氏が編集長をしていた「非モテタイムズ」の運営をしているホットココア永上氏がツイッターの非公開設定をはずし、これまでの事件の釈明を行った。フランチェス子氏のツイートねつ造や、非モテタイムズの更新停止を発表した。が、4月23日 ホットココアの広告事情をはてな匿名ダイアリーに書いた人間がツイートを行い、ホットココア側から「発信者情報開示請求」を受けたと発表。永上氏への非難が高まり、同氏は翌日ツイッターで再び釈明を行った。

(16)4月25日 4月24日に非モテタイムズのライターである「大ちゃん」(@daichan009)が、Twitter上でフランチェス子を攻撃する内容を多数投稿した。沈黙を守っていたフランチェスコ氏がツイートを再開。『ウェブはバカと暇人のもの』の著者である中川淳一郎氏(http://goo.gl/l2Tvl)による、フランチェス子氏へのデマ攻撃の可能性や、ホットココアの責任・非モテライターへの対応など永上氏に追求した。

続きを読む