読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

自作ウエディングケーキは危険でござるよ の巻

2ch

同じく「私は見た!! 不幸な結婚式 59」より。
志賀直哉は他人の文を褒める時に「目に見えるようだ」といったそうだが、この投稿も情景が目に浮かんで面白い。

322 :愛と死の名無しさん:2008/12/04(木) 14:31:23
夏に弟が結婚したんだけど、花嫁がどうしてもウエディングケーキを
自作するといってきかなかった。
弟もうちの両親も、あの手のものはたいてい作り物で、自作するとしょぼくなるから、やめたほうがいいと説得したんだけど、義妹サイドは花嫁の意思を尊重すべきだと、どうしてもきかなかった。
式場側が衛生上の理由を持ち出して止めてくれてとりあえず計画は中止になったけど。
ところが披露宴当日、ケーキカットの直前に司会が「ここでサプライズです」と言い、義妹の友人たちがリボンのかかった大きな箱をカートにのせてガラガラいわせながら入場。
司会が「新婦特製のウエディングケーキです、どうぞ!」と言うと同時に義妹がリボンをとり、箱が四方にバタッと開くと、中からケーキ…というか白いドロドロモサモサした塊が出現。
ウッと思った瞬間、それは倒れてベシャッと通路に飛散。
周辺にいた人たちが悲鳴上げてあとずさってた。
弟の友人が写真撮りに近くにいたんだけど、服もカメラも白い汚れでいっぱい。
義妹も、ブルーのドレスの腰から下を白く染めてボーゼン。
だからやめとけと言ったのに…。
友人たち、一時間前に持ってきてもらって、すぐだからと思って普通のトラックの荷台に積んでたんだってさ。式場の人に知られると怒られるからって。
式場の人がすみやかに片付けてくれてたけど、弟はあとで怒られたらしい。
衣装を汚された人の大半は義妹側の友人だったからうちには何も言われなかったけど義妹はあとでかなり気まずい思いをしたそうだ。
今後もこんな失敗をされたらと思うと、鬱だ…。

元彼はスネークで結婚式に乱入したでござる の巻

2ch

私は見た!! 不幸な結婚式 59 より。
ここまで完璧にストーキングできるなら、探偵か何かになったらいいんじゃないか?

221 :愛と死の名無しさん:2008/12/03(水) 19:24:31
たった今別スレで見たネタ投下
A子(36歳)・・・私の腹違いの姉
B男(36歳)・・・姉が25歳の時1ヶ月ほど付き合った男性
C男(29歳)・・・姉の婚約者
姉(A子)の結婚式の話です。
結婚式の当日、朝一人で式場へ向かい、当日必要な小物を式場側に預けて準備をしていると
担当プランナーが突然やってきて「ちょっとお話が・・・」と呼び出した。
言いにくそうに「あの・・・B男さんってご存知ですか?」と聞いた。
姉はしばらく考えて、ふと10年ほど前に付き合っていた彼の名前だと気付いた。
B男は勝手に式場に入り込み、式場の人に関係者以外は立ち入り禁止の場所だといわれた途端
「今日ここでA子と結婚式を挙げる予定のものだ」と名乗ったらしい。
当然ながらスタッフはA子と新郎の顔を知っているので「そんなはずはない」ととめようとして大乱闘になり
一旦取り押さえたものの、警察を呼んで良いのかどうか迷い、姉に相談にきたらしい。
姉がB男の前にいくと、B男の顔が想像以上に変わっていて驚いたとか。
そしてB男は「こいつら何とかしてくれ」「今日は僕と君の大事な日なのに」
「ちゃんと指輪ももってきたんだ!◎◎の店で買った結婚指輪!」と泣きながら訴えた。
姉は背筋が凍りついた。
◎◎の店というのは姉と新郎が結婚指輪を買った店だったからだ。
何故知っているのか?と問いかけると「ホラ。二人で買ったじゃないか」とポケットから指輪を取り出した。
そこには姉と新郎が二人で選んだはずのリングとまったく同じものがペアで入っていた。
驚いてプランナーが預かった指輪を確認したが、そちらはちゃんとあった。
姉は怖くなり、思わず部屋から逃げ出して、それを見たB男が暴れたことで、結局警察を呼ぶことになった。

222 :愛と死の名無しさん:2008/12/03(水) 19:25:12
話は少し遡るけれど、B男と姉が知り合ったのは11年前。
当時姉とB男は25歳で、職場の関係で知り合い付き合い始めた。
ところが、付き合い始めてすぐ、教師をやっているB男の両親が二人の付き合いに反対を唱えた。
姉の母親が死んでいること、その後再婚して腹違いの妹(私)がいて家庭が複雑なこと。
母方の親戚に障害者がいること。
父の仕事が小さな町工場勤務であり、高卒であることなどをあげつらね、B男は
「君のこと嫌いじゃないけど、やっぱり親の反対ってきついでしょ」とあっさり姉を振った。
その後、一切連絡を取ることもなく、当然会うこともなかった。
姉はしばらく男性と付き合うこともなく、三十路を過ぎ、31歳で当時24歳のC男(新郎)と知り合う。
その後丸5年付き合い、6年目の春に結婚することになり、その当日B男と再会することになる。
B男は姉と別れた後別の女性とお見合い結婚をするが、3年ほど後に奥さんの浮気が原因で離婚。
しかもDNA鑑定の結果生まれた子供が自分の子ではないことが発覚。
ショックを受けて落ち込んでいた時期、偶然、街中で姉を見かけた。
そして姉が「自分に向かって励ますように微笑みかけてくれた」らしい。
(姉は当然否定。そんな場所にすら行ってないと言った)
B男は「やっぱり彼女が一番。彼女と結婚するべきだったんだ」という妄執にとりつかれ、姉のストーカーになる。
ところが当時姉は既にC男と付き合い始めていた。
B男は何を思ったか、C男と姉のデートや旅行すべてを監視し、写真に収めていた。
そして、その5年の間にB男は整形手術を三度受けている。
C男の写真をもっていき「この顔にしてください」と依頼したとか…

224 :愛と死の名無しさん:2008/12/03(水) 19:25:46
<ここからは余談>
何が怖いかっていうと、B男が一切姉の前に顔を出さずに数年もの間二人の行動を記録するかのように写真を撮ったりしていたこと。
そして、何故か二人の個人情報その他がダダ漏れだったこと。
結婚指輪にしても二人がどのお店で買ったのかは後をつけていればわかるけど
何を選んでどんな言葉を彫ったのかは、店の人間か二人以外はわからない。
でもB男が持っていた指輪はまさに「二人が選んだ指輪」で「二人が選んだ言葉」が彫られていた。
後日談になるけれど。
何とか無事結婚式を終え、もうすぐ二人での新生活が始まるという時期
契約している家主から連絡が来た。
「家具屋さんが荷物をもってきてるんですが…」と。
家具だけじゃなく電気屋さんもきているらしい。
日時指定したのに間違えたのかと思いいってみたら送り主はB男名義だった。
店側に確認したところ、確かにB男がやってきて家具その他を買い、全額お金も支払われている。
新居の住所も間違っていないから何の疑いももたなかった…とのこと。
しかもB男は姉とC男が住む予定のマンションの間取り図を持参し
「ここにコレを置いて、こっちにコレを置いて・・」と事前に指示していたとか…
それを聞いて怖くなった二人はそのマンションに一度も入居することなく、解約し新しいマンションを探した。
B男の両親を交え話し合い、二度とこんなことはさせないと約束してもらい
その後一応何も問題はおきていない。
ただ、数年の間姉に姿を見せずにストーカーを続けた男だから「本当にいない」のか「姿を見せてないだけ」なのか…と考え、未だに時々怖くなるらしい。

元スレは 修羅場◇part67