Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

目の前でフランケン

前半の記述でオチはわかるけど、これは嫌だな…
・【私の】忘れられない怖い事件【個人的な】3

95 : 可愛い奥様 : 2012/08/16(木) 15:03:55.79 ID:m2HRMr+h0
私がまだ幼稚園ぐらいの時、母親と母親方の叔母達と数人で
誰かの別荘みたいな家に行ったことがあった。
広くて大きくて立派な建物だけど、長く人の住んでいない荒れた感じの他に
何とも嫌な臭いが充満していました。
その別荘は叔母の海外在住の知人所有物で、長期間放置されているので叔母に
「自由に使って良いから掃除がてらの現状確認」を頼んだとか。
でもライフラインも止められている別荘に叔母一人では行き難くくて、母を含めた姉妹を誘って一泊キャンプのノリでやって来たものの、想定外の悪臭で大人達はビビっていたが、まだ子供だった私は
肝試し気分で悪臭の元探しを始めてバスルームにたどり着いた。
バスタブに真っ黒くてドロ〜っとした水が溜まっていたのと
ボロ布みたいなものは見えたけど、バスルームを開けたとたんに
それまでの比じゃない強烈な悪臭と、ヴァっと一斉に飛び立った蝿に追われて
母親達の元に逃げ戻りその場で嘔吐。orz
後は母親達の悲鳴と警察が来て、お巡りさんとお医者さんに何か聞かれて
(覚えていない)速攻で私だけ家に帰されてたのだけ覚えてます。
バスタブにいたのは誰だったのか(多分浮浪者?)、どうやって入ったのか
何でバスタブで死んでいたのか、未だに死因とかも全く判らず終いで
その別荘もすぐに次第取り壊されたとか。
因みに私は未だに中身が見えない水溜まりっぽいものが苦手です。