Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです


告知:6月24日に福岡で「ネットウォッチの勉強会」をやります♪

子供のやることだから

対処が難しいよね。個人的には射殺しても良いと思うけど。
・その神経がわからん!その41

843 :名無しさん@おーぷん :2018/05/15(火)13:31:36 ID:Of9
どこが該当するのかわかりませんのでこちらを借ります。
とても後味の悪い話ですのでご注意ください。
私が二十歳の大学生だったころ、近所に小5の男の子のいる一家が引っ越してきました。
男の子は普通の学校に通い、普通の子供のようでしたが、慣れてくるとおかしな行動をとるようになりました。
まず、女性に抱きつくのです。
通りすがりの高校生から20代前半の女性を狙って抱きついていました。
私も何度も抱きつかれました。
学校にも連絡を入れましたが、小5という年齢なので、幼児帰りといった扱いで問題にされませんでした。
次にキスをするようになりました。
私は身長が150センチもなく、小5の男の子に抱きつかれると抵抗も難しく、無理やり口にキスされました。
他にも判明しているだけで、背の低い高校生の女の子が一人と、同じ小学生の子が被害にあいました。
ここまでくると保護者を巻き込んでの問題になりましたが、保護者は「うちのカワイイ天使くんにキスされたくらいで!ありがたく受け入れなさいよ!」と
頭がおかしい部類の人たちで、話になりませんでした。
そして次は下着が無くなり始めました。
これは比較的早く小5の男の子が持っているところが発覚したのですが、本人が「落ちてたのを拾った」と言い張ったので、大人たちは学校の先生も含めて深く言及できなくなりました。
この頃には小学校内でも度の過ぎた変態として、危険人物になっており、女の子たちは体操服を盗まれた子もでて、かなり問題となっていました。
ご近所でも、年頃の女性がいる家庭はかなり厳重に自衛をするようになりました。
周りの目が厳しくなったせいか、男の子の狙いは私のような一人暮らしや小柄な女性か、一人で出歩いている他学校の女の子に限定されるようになりました。
それからも抱きつかれたり胸を揉まれたりといった被害は度々ありました。唾液をつけられたり、噛みつかれたこともありますが、自衛していたのでその程度の被害で済みました。
そのうち「やらせて」「俺の子産んで」と言いながら女性を追いかけるようになりました。
大人が小学生だからとかばっているうち、男の子は小6の頃に大きな事件を起こして引っ越していきました。
聞いた話ですが、年下の障害を持った学級の女の子と無理矢理いたそうとして、大怪我をさせたそうです。
裁判を起こされていましたが、性的なことは伏せられ、単に大怪我をさせたということのみで処理されていました。
被害者の親もかなり複雑な心境だったようです。
やっと平和になったと思っていましたが、2年後の冬、家に訪問者がありました。
被害者のためにここからはかなり暈します。
訪問者の方は男性で、中学生の娘がいる父親だと自己紹介しました。
そして例の男の子の件で話を聞きたいとのことでした。
その方の娘さんは、性欲の被害にあってしまったそうです。
しかし、まだ義務教育中の中学生であることと初犯(?)であることから、加害者を保護する力が働いているようでした。
男性は一切の酌量をするつもりは無かったため、情報を集めていたそうです。
ですが、小学校に話しても事情を教えてくれるわけもなく、場当たり的にそのあたりの人に話をきいていたところ
特に被害の酷かった一人である私のことを教えてもらったと言っていました。
男性は辛い過去を聞いて申し訳ないがと、玄関で深々と頭をさげていました。
私は自分の受けた被害と、証拠の一部を男性に渡しました。
私も当時のことは恐怖心として心に刻み込まれており、中学生となって力が強くなり、より凶悪な行為をとるようになった加害者とは二度と会いたくないこと、こんな形でしか協力できないことを謝りました。
同じ被害者で、私よりより傷ついている相手に、こんなことしかできない自分がとても情けなかったです。
男性はそれでも深く感謝して帰っていきました。
その後どうなったのかはわかりません。
更生の余地が、とか、未来有る若者が、とか、子供だから、とか、そんな理由を掲げて、矯正施設に入れるわけでも通院させるわけでもなく、野放しで何の対応もなさない社会の仕組みに疑問ばかりが残ります。
当時の周りの大人たちがずっとスレタイでした。