Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

女と犬の扱いが上手い彼



確かに人生が変わっていたかもしれないが、冷めてしまったらね。
・百年の恋も冷めた瞬間 Open 7年目

485 :名無しさん@おーぷん :2017/11/23(木)09:20:37 ID:KU6
理不尽醒め。小学校高学年の時に転入して来たA男に一目惚れした。親の仕事の都合で数年間海外生活してたせいか、女の扱いが上手かった。
その頃、家では柴犬飼ってて、犬好きなA男は家によく遊びに来るようになった。A男は女だけじゃなく犬の扱いも上手くて、家の犬と大の仲良しになった。
そんな感じで、中学になってもA男は家に出入りしてたから、お互い告白とかしてなかったけど何となく公認カップルみたいになってた。
高校1年の頃(同じ高校に進学した)、家の犬が逝った。13歳だったから、まあ寿命だったんだと思う。私も悲しくて泣いたけど、A男の悲しみ方は半端じゃなかった。正に号泣。
最初は一緒に泣いてたけど、、私にしがみついて号泣し続けるA男を見てたら、段々(あれ?流石に余所様の犬が死んでここまで悲しむっておかしくね?)と思えて来て、それまで大好きだったのにスーッと醒めていった。
それからは、家に出入りどころか、学校での会話もほとんどしなくなり、何となく疎遠になって最後にはほぼ他人になった。
A男は他県に進学までは知ってたけど、どこの何て言う大学かすら知らない。向こうも私の進学先知らなかったと思う。
A男と疎遠になった以降彼氏無しが10年になったの気付いて、もしも理不尽醒めしなかったら別の人生送ってたかもと思わないでもない。
ちなみに、私の顔面偏差値は甘めに見て下の上。