Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

やんごとなき血



おめでとう……かな?
・チラシの裏【レスOK】二枚目

447 :名無しさん@おーぷん:2015/08/09(日)20:35:39 ID:???
俺がやんごとなき血統に連なる血筋だと父親に告白された
俺が物心つく前に離婚した母親の遠い遠い遠い親戚が、やんごとなきお家にお嫁入りされたそうで
結果的に、俺もやんごとなき血統に連なる流れなのだそうだ
しかし、俺の実母とその人の血縁があまりに遠すぎて親戚といえるかどうかもわからんレベルだし
そもそもただ親戚というだけでは、単なる姻族かもしれんので、血の一滴も関係ないかもしれん
そういうことを父に懇々と説明したのだが、父は聞く耳持たず、俺をやんごとなき~と
崇め奉るようになってしまった
で、昨日、父を引きずってでかい病院に連れて行ったよ
ありゃ血統妄想だろと思ったら、ビンゴ
統合失調症だとよ
それまでおとなしかったのに病院で大暴れしたもんで、いきなり拘束具つきの入院になった
俺のほうは、今日、婚約者の家に婚約破棄のお願いをしてきた
「あなたは何も悪くない」と婚約者と両親に言ってもらったし、婚約者は納得できないと
最後まで泣いてくれた
それでもやっぱり、婚約者両親には陰で「身を引いてくれてありがとう」と頭を下げてられたよ
実際そんなもんだよな
婚約破棄の慰謝料もなし、婚約指輪は婚約者が返したくないと嫌がったのでそのまま置いてきた
結納のときにもらった時計はお返ししてきた
なんかもうどうでもよくなってきた

・スレを立てるまでに至らない愚痴・ 悩み・相談part32

603 :名無しさん@おーぷん :2016/04/12(火)09:51:30 ID:LJZ
去年、チラ裏に親父が統合失調症を発症したために、俺が婚約破棄したと書き込んだ
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1436687867/447
トリがないので、本人証明できないが相談させて欲しい
先月に親父が事故で死んだ
燃え尽き症候群のような状態でぼんやりしてたら、新聞で親父の死を知ったらしい
元婚約者が家に押しかけてきて、葬式とか遺品整理の手伝いをしてくれた
俺一人じゃ何もできなかったので正直ありがたいと思っていたんだが、婚約者に
「これでなんのしがらみもなく結婚できるね」
と満面の笑みで言われたことが引っかかってる
婚約者としては、統合失調症の遺伝は取るに足らない確率なので気にしないとのこと
それはありがたいが、親父の死を心から喜んでいるような笑顔を思い出すと
どうしても妙な気分になって、結婚を前向きに考えられない
そりゃ、うちの親父が原因で20代後半にして婚約破棄をされたんだから
その原因がいなくなれば嬉しい気持ちになるのもわかる
でもそれを身内の前で出すのはちょっと違う気がする
今月から新しい職場に異動になったこともあり、精神的に疲れてしまって
まともな判断が下せる自信がない
周囲は「彼女に報いてやれ」という意見が大半なので、俺がおかしいのかとも思うが
まったく見ず知らずの人からはどう見えるのか教えてください

・その後いかがですか?4

332 :名無しさん@おーぷん :2017/03/27(月)19:03:30 ID:HTw
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1436687867/447
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1460101400/603
以前彼女との婚約破棄を書き込んだ者です
あの頃は俺も混乱していて彼女と冷静に話ができなかったけど
掲示板で色々と話を聞いてもらって、初盆の少し前に彼女に連絡を取って謝罪しました
お互いに正直な気持ちを話し合い、交際を再開して先月入籍しました
あのときの皆さんがいるかわからないけど、お礼が言いたくて出てきました
彼女からは、俺があまりに親父のことを背負い込んでいたからなんとか慰めようとして
おかしなことを言ってしまったと謝罪されました
盛大な後出しになると思うけど、彼女は日本語が少し不自由です(障害ではありません)
俺も彼女の生い立ちを知っていたくせに、ひねくれて捉えてしまったことを謝りました
俺の親父の病気が遺伝するかもしれないという懸念について
彼女のご両親から、健康な親であっても健康な子供が生まれるとは限らないし
リスクに目を向けるのはいいことだけど、それで自分の人生の幅を狭めるのは
どうなのだろうねと諭され、何かあったら支援するからと後押ししてもらいました
あのまま別れていたらきっと彼女にも親父にも悪いことをしたと後悔していたと思う
改めて、あのとき相談に乗ってくださってありがとうございました