Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

クソトメからのSOS



これはザマァ案件だけど、スカッとはしないよね。
・今までにあった修羅場を語れ【その24】

57 :名無しさん@おーぷん :2017/09/20(水)22:23:32 ID:MYI
優しい虐待を繰り返すクソトメがSOSしてきたので、乱文かつ長文ですが書き込みに来ました。
流れを切ってしまったらごめんなさい。
旦那と婚約した当初からトメとコトメからはテンプレ通りのイビリをされてきた。
お式の一週間前に母と二人で縫ったドレスをコトメが勝手に着て、修正が不可能なほど破かれたり、留守中に凸してきては家中を散らかされ、自分たちで散らかしたくせに片づけができていないと馬鹿にされたりもした。
私のアレルギー食材を意図的に混入されて危うく殺されそうになったこともある。
結婚して三年経っても子供ができなかったから、孫を産めない女は出て行けと毎日のように鬼電。
子供ができない理由が男性不妊だとわかって私たち夫婦が養子を迎えたら、トメとコトメは旦那の子じゃないという理由で私たちが見ていないところで暴力と暴言を繰り返していた。
それが発覚して旦那は実家と完全に縁を切り、私家に婿養子になった。今は私両親と子供と二世帯合計5人と犬2匹で暮らしている。
平和に暮らしていたんだけど、先日トメからSOSがきた。
自分の浮気が原因で返品されたコトメが再婚に邪魔だからと子供を置いて行ったけど、年寄り一人では育てられないからうちの子を施設に返して、コトメ子×2を自分ごと引き取れ「マンションなんて嫌だけど我慢してあげる」だってさ。
寝言かと思ったわ。
「そんな血のつながっていない他人の子なんかいつまでも面倒みていないで、私たちの世話をするべき」なんて、素面でよく言える。
大事な子を捨ててこいなんて言われて平気な親なんかいるわけない。
当然、私たち夫婦の答えはNO。私以上に旦那がブチ切れた。
そもそも、元旦那がコトメをコブごと返品したのは「自分の子じゃない」って理由。
トメは知っていてコトメを止めずに、コトメ子を預かって小遣いまで与えて不倫させていた馬鹿親。間男を家にあげて、もてなしてごはん食べさせていたって言うんだから呆れる。
昔から、トメはコトメが何をしても叱らない親だったそうだ。
コトメは、小さい時から欲しいって言った物は何でも買い与えてもらって、嫌いな食べ物は食べなくていいのよ~って炭水化物とおやつばっかり食べて、一晩中好きなだけゲームをやって、当然眠いから朝は起きられずに学校に行かないって生活をしていたらしい。
旦那も同じように育てられたけど、躾に厳しかった大ウトメが半ば強制的にスポーツをさせて、中学から遠方の寮のあるところに進学させてくれたから助かった。
もし寮に入っていなかったら、コトメと同じように自制を知らないまま大人になったろうと旦那本人が言っている。
トメの過保護と過干渉は、旦那が寮に入ってからはコトメ一人に集中し、厳しいことを言う大ウトメを嫌っていたコトメは激甘な母親にべったりだったから更正の機会がないまま大人になってしまったそう。
コトメ子×2も、半分トメが育てたようなものだからコトメのコピー。
トメはコトメが欲しがる物が、おもちゃ→ゲーム→ブランドってどんどん高価になっていっても、好きなだけ買い与えてきた。
でもウトが数年前に鬼籍に入って、収入もないのに気前よくコトメやコトメ子に貯金で貢いできたからトメはカネコマ。年金の受給資格を満たしていなかったらしく、もう70近いけどパートに出てどうにか食いつないでいる状態。
そこに出戻りのコトメが転がり込んで仕事もせずに遊びほうけて、新しい男ができるなり実家の母親に子供を丸投げして出て行った。
私たち夫婦はそんなトメとコトメの状況を親戚から聞いて知っていた。
ありがたいことに、トメとコトメの人となりを知っている親戚が、知らずにいて後から困るよりは、知っていたほうが対処もできるからって逐一教えてくれる。
昔、住んでいた家が古い平屋で、玄関に鍵をかけても簡単に開けられちゃうボロ物件だったから散々侵入された。
だから家を買う時にセキュリティーがしっかりしているマンションにしようって旦那と決めて、私両親と半分ずつ資金を出してこのマンションを購入したんだけど、一銭も出していないクソトメが、私両親を追い出して自分たちを迎え入れろって言える神経が理解できない。
私にした嫁イビリはともかく、うちの子にした虐待だけは百年経っても許せないってのに。
コトメ子たちは可哀想だと思う。
たとえトメがカネコマで餓死しても散々好きに貢いだ結果だから本望だろうけど、子供に罪はないんだよね。
それでもコトメ子は私たち夫婦の手に負えるとは思えない。うちの子のほうが大事。
今後も関わる気はないけど、数字みたいに割り切れるわけでもなくて書き込んだ。
文才もなく脈絡なく書き連ねて申し訳ない。