Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

『けものフレンズ』主題歌「ようこそジャパリパークへ」の中毒性がヤバい



再放送されているアニメ『けものフレンズ』。毎日見ているだけど、明日が最終回……いったいどうなるだろう?
内容も面白いけど、オープニングの曲の「ようこそジャパリパークへ」の中毒性がとても高い。これは危険だ!


『完全自殺マニュアル』の著者である鶴見 済が書いた『人格改造マニュアル』は、人間の脳をチューンナップする方法が具体的に書かれている本なんだけど、この中で、気分が高揚する音楽ガイドのページがあった。
その中で、聴くだけで気分が高揚する曲ガイドがあったんだけど、もし2017年版「人格改造マニュアル」があったら間違いなく「ようこそジャパリパークへ」は入るだろう。この曲「聴く覚醒剤」というか「耳で舐めるエクスタシー」というか、聴いていると段々気分が高揚してくる。特に最初に入るベースラインが気持ちよい。そして中毒性が高く、何度も何度も聞いてしまう。恐ろしい、恐ろしい。歌詞もなんだか、洗脳セミナーっぽくて怖いけど、気持ちいい!
EDMで繰り返しのフレーズが低音から高音に上がるときの、盛り上がる瞬間がずーーと続いている、脳汁がバカバカでる感じでしょうか。あんまり聴きすぎるとバカになりそう。

平井堅も「ようこそジャパリパークへ」を絶賛していたので、さすがだな……と思いました。

作曲者の演奏と歌もいいです。

8bit版もしびれます。

ようこそジャパリパークへ(初回限定盤)

ようこそジャパリパークへ(初回限定盤)