Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

真夜中の山道でであった



うむむむむ。
・その神経がわからん!その34

779 :名無しさん@おーぷん:2017/08/16(水)21:49:13 ID:wmD
先日車で遠出してて、真夜中に山道通って帰ってたら、道路の真ん中に立って腕広げて進行妨害してくる女に遭遇した。
仕方なく止まったらヨタヨタ近寄ってきて、車に乗せてくれとかほざく。
女曰く一緒に来た男に置き去りにされて、携帯も財布も車に載せたままだから親とかに連絡する事も出来ないと。
まあ、お気の毒様とは思うけど、何で俺が乗せてくれやらないといけないのか。
そもそも、その話が本当もという保障はなく、乗せたら隠れていた女の連れに証言されて犯罪者コースや、車で拉致されて連れ回されたとか警察に駆け込まれて人生終了コースもありえる。
女は泣きながら懇願してくるけど、何処か態とらしく見える。
どう考えても、こいつを乗せるのはリスクしかないと判断し、丁重にお断りして、携帯を貸してくれとかいう罠も回避してクラクション鳴らしまくってどうにか追い払った。
携帯は、保険のために会話を録音してたから貸すわけにはいかなかったし、貸して山道に投げ捨てられたりしたら最悪すぎる。
俺が走り去る直前、バックミラーを見たら、道路の真ん中に座り込む女が見えたけど、今度は当たり屋にでも挑戦するつもりかと、次に車で通る奴はお気の毒にと思いつつ帰宅した。
で、今日録音してたデータの事を思い出して、バックアップとして家のパソコンに移してたら、彼女に何をしてるのか聞かれ、事情を話したら突然キレた。
人でなしとか頭おかしいとか徹底的に罵倒されたけど、どう考えてもハイリスクノーリターンな状況で人生終了をかけた賭けに出る理由なんか何処にもない。
それなのに、何故そこまで詰られなければならないのか、地雷原に飛び込む真似をしなければならないのか全く判らない。