Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

本当は私が付き合う人だった



うむむむ。
・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その19

247 :名無しさん@おーぷん :2017/07/24(月)01:01:16 ID:01u
昔の同僚A子の粘着に衝撃を受けた話
多分長くなる、ごめんなさい
お互い20代で独身だった頃
私が当時の彼氏に捨てられたので
同僚のA子と2人で東南アジアのリゾート地に旅行に行った
帰りの飛行機、2人とももちろんエコノミーだったけど
「1人だけビジネスクラスが空いてます」と言われ
私は仕事でビジネスに乗ったことがあったし
A子が行きたい行きたいというので譲った
A子はビジネスクラス、私は予定通りエコノミーで帰国
エコノミーの隣の席に日本人男性が座っていた
私が窓の外を見ていたら「席、替わりましょうか?」と声をかけてくれた(断ったけど)
その後お互いが荷物から取り出した本のブックカバーが同じで
ローカルな小さな書店のカバーだったので少し世間話をした
日本に着いて無事に着陸し、お互いが携帯の電源を入れようと取り出したら
まさかの同じ機種(結構マイナーな携帯)
そして同じ球団のストラップまで一緒で
「もうこれは運命だ!」と思ったので
後日食事に行く約束をして連絡先を交換した
この男性は後に私の夫になった

248 :名無しさん@おーぷん :2017/07/24(月)01:01:50 ID:01u
旅行から帰って、付き合い始めた頃から
「本当は私が付き合う人だったのにー」
という発言ばかりされていた
こちらから自慢したわけじゃないけど
彼からもらったバッグや婚約指輪も
「私がもらうはずだった○○」とうるさかった
彼はその後起業して、安定してから結婚することになった
A子を呼ばないわけにはいかないので
結婚式にはA子も招待
そしたらなんと、A子はどこかで中古で買った
ウエディングドレスを着て現れた
職場の人も共通の友達もドン引き
(この件は後日上司にまで叱られたらしい)
披露宴のスピーチでも
「本来なら私が新婦の席に座ってるはずだったのですが~」
の発言で、親族や昔の同級生達がザワつき
職場の先輩が、私と夫の出会いをスピーチに織り交ぜて
細かく説明してくれてなんとか収まった
この結婚式を期に、私はA子とは距離を置いた
私は退職したんだけど、職場でも痛い人扱いされていたらしい

249 :名無しさん@おーぷん :2017/07/24(月)01:01:58 ID:01u
その後私はA子のことなんかすっかり忘れて暮らして
子供も生まれたし家も建てて引っ越した
先日久々に元同僚が遊びに来てくれて
「そろそろA子の暴走に法的手段も考えたら?」と言われた
そして見せてもらったのがA子のSNS
結婚後数年は賃貸マンションに住んでいて
家を建てた時の新しい住所はA子には教えてなかったのに
「私が住むはずだった家で~す」と
私の自宅前、一生懸命手入れをしてる庭(柵を飛び越えたら入れる)
私達の愛車の前で「私が乗るはずだった車です♪」
とセルフィーで記念撮影のオンパレード
車内で微笑んでる画像もあったので、地元に一軒しかないYANA○Eに行って
画像を見せて聞いたら
「購入を検討してるから」と撮影しに来て
セルフィーでいっぱい撮影してたとのこ
こっちはとっくに忘れてた元友人に
何年も何年も粘着されてて怖すぎる
「住むはずだった家」っていうのがむかついて
私が祖父から生前贈与で譲り受けて、主人が贈与税払った土地なのに
不法侵入で訴えようか夫に相談したら
自営業だからあまり波風は立てたくないと
さてどうしよう・・