Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

ボタンを渡すが惜しくなった



付き合った後は、どうなったんだろう?
・奥様が墓場まで持っていく黒い過去 Part.4

719 :名無しさん@おーぷん :2017/06/23(金)00:12:15 ID:0gp ×
二人に嘘ついて騙したこと
高校のとき卒業式に好きな人の第二ボタン貰うのが流行ってて仲良かった友達から「A先輩からボタンをもらってきて欲しい」と頼まれた
A先輩は私が所属してた部活の部長
イケメンとかそんなもてる感じの人じゃなかったんだけど穏やか系で話しやすかったから私もどちらかというと好印象もっててよく話してた
友達はちょっとした一件でA先輩と喋ったことがあって気になる人になったらしい
でも接点もなかなか作れなくて今日まで来てしまったからせめて思い出(ボタン)が欲しいと
協力するよと約束
(たぶんボタンは余るんじゃないかなと失礼なことまで思ってた)
で、卒業式の日になんとか時間作ってもらってボタンを無事貰ったんだけどそのときにA先輩から、(私が)好きだったと告白された
ビックリはしたけどあまりにその告白内容が嬉しかったから数十分の間にボタンを友達に渡すのが惜しくなってしまった
なので友達に貰えなかったと嘘ついて終了
しようと思ったんだけど、結局A先輩と同学年で卒業生だった私の兄に急遽頼んでボタンを貰いそれを友達に渡してしまった
兄には、「一目惚れした私の友達がボタンを欲しがってる 風邪で今日休みだから私が代わりに貰いにきた」と嘘を言った
○○年経った今でも、魔法使いの兄が、知らぬ女の子に一目惚れされて第二ボタンを貰われたことを唯一の青春時代のモテ伝説にしていると知ってしまったので吐き出し

720 :名無しさん@おーぷん :2017/06/23(金)00:34:37 ID:tm6 ×
魔法使いの伝説wぴったりだね

721 :名無しさん@おーぷん :2017/06/23(金)00:51:24 ID:PHj ×
魔法使いなのかw
まぁそんな夢見ても害はないから良いでしょ