Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

知らない男が家に侵入



これはイヤだな・・・
・今までにあった修羅場を語れ【その21】

932 :名無しさん@おーぷん:2017/05/02(火)08:03:26 ID:Sos
10年ぐらい前に、人生最大の恐怖を味わったことがある。
旦那の転勤で某市に引越し、荷物も片付いて普段通りの生活に戻った頃、夏だったけどその日は涼しくて、網戸にして窓は開けていた。
2階建て3LDKの戸建。
トイレに入ってる時に、突然網戸が開くカラカラカラ・・・って音が聞こえた。
え?誰か入ってきた?泥棒?何何何?って怖くなって
音を立てないように身繕いして、とりあえず水も流さずにジッとしてた。
10分ぐらいジッとしてたけど男性っぽい声でウヒヒヒ・・ウヒヒヒ・・・・って
気持ちの悪い笑い声みたいなのが聞こえるし
パキッて何かを折るような音とか、ボコッボコッ!って叩きつけるような音とかも。
(擬音ばかりですみません)
で、そのうち音も声も聞こえなくなったので、音を立てないように気を付けながら
そっとトイレを出た。
そしたらリビングのソファで知らない男の人がスヤスヤ寝てた。
30代ぐらいに見えたけど、後で50代だと知った。
もう心臓が口から飛び出るぐらいビックリして
ガクガクブルブル震えながら音を立てないように外に出て、まだ挨拶ぐらいしか付き合いのなかったお向かいさんの所に行って110番させてもらった。
それで警察が来て逮捕、男は同じ町内会の知的障碍者で70代の母親と二人暮らし。
これまでは道端で奇声を上げたり、子供のおもちゃを取り上げたり、余所の庭に侵入したりってことはあったらしいが、家の中にまで侵入したのは初めてだったらしい。
その日は母親が風邪ひいて寝込んでて、ごはん作れなかったからお腹空かせて外に出て
寝ていた母親は気付かなかったそうだ。

933 :名無しさん@おーぷん:2017/05/02(火)08:03:38 ID:Sos
私たちにとってはハッキリと「住居侵入罪」だと思ってたけど略式起訴?とかですぐ戻ってきた。
パトカーが来たからご近所さんには何があったか丸わかりになって
若い夫婦の家庭は私たちに同情的だったけど、ちょっと年配のご夫婦の家庭では
犯人の母親に対する同情の声が多かった。
そりゃあ確かに母親は大変だろうと思うけど、こっちだって当時は小学校低学年の娘がいたし
近所にこんな人がいると分かれば留守番だってさせられないし、私だって怖い。
それに金銭面の被害がなかったことで「被害は少なかった」みたいな空気になってたけど
部屋の小物を色々壊されてたし、冷蔵庫の中も漁られて気持ち悪くて全部捨てて中を消毒したりして
こちら的には被害は大きかったんだけど。
何よりその後の生活への恐怖を考えると、事情は事情としてやっぱり許せなくて
引越し費用と次の敷金を全額負担とわずかな慰謝料で示談とし、引越した。
引越しの片づけが終わってやれやれ・・・って思ったら又引越しって
それだけでも精神的にどれだけ負担だったか。
あんな恐怖と修羅場は二度と経験したくない。