読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

私じゃない



真実は・・・・・・?
・百年の恋も冷めた瞬間 Open 6年目

280 :名無しさん@おーぷん:2017/04/22(土)21:09:46 ID:sym
婚約していて結婚まであと少しってところで彼女に浮気をされた。
正確には見知らぬ男と仲良く歩いている所を友達が見つけて尾行、そのあとホテルに入っていく彼女の写真の提供を受けた。
彼女にはその日何してたとか聞いてみたけど映画見てたととぼける、顔色一つ変えずに・・・
もうその時点でこの人はもう無理だと直感した。
その写真をもって家に突入。
彼女と親に見せるも私じゃないと連呼するばかり。
謝るならまだしもここまで来て完全にとぼけられるともう呆れる。
彼女の親もいい加減認めなさいと言うけど絶対に私じゃないと彼女も譲らない。
彼女は頑として認めないけど、遠くからでも彼女とわかる状態だったし、同じような服を持ってるのも確認済み。
最後までとぼけられたけど、手切れ金を彼女の親からふんだくって別れた。
その後彼女は自殺未遂なんてとんでもないことをしでかした。
遺書には最後までアレは自分じゃないと書かれていたらしい。
思い込みにしては・・・と思ったけど、せめて見舞いにだけは行ってやるかと病院に行った。
そこで正直に浮気を認めるなら許すと最大限譲歩したけど、やはりとぼける。
私じゃない!アレは絶対に私じゃない、と。
それだけしか言わないしもう呆れた。冷めるを通り越して呆れるばかり。
帰り際に捨て台詞を吐くのが精一杯なほどこちらも追いつめられた。

282 :名無しさん@おーぷん:2017/04/22(土)22:59:48 ID:Cj3
>>280
え、彼女じゃなかったんじゃないの?

283 :名無しさん@おーぷん:2017/04/23(日)00:22:58 ID:kob
>>282
彼女の親が見ても、友人が見ても本人に間違いないくらいの写真だから見間違いではないかと

284 :名無しさん@おーぷん:2017/04/23(日)01:32:30 ID:a1E
合成写真くらい簡単にできるんですけどね