読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

婚約者のストーカー



これは酷い。
・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その17

987 :名無しさん@おーぷん:2017/04/18(火)19:52:49 ID:wMl
嫁(当時は婚約者)にストーカーしてたのが知人とわかった時が衝撃。
嫁を親兄弟に紹介するため、夏に実家へ帰った。
ついでに家族と嫁と皆一緒に地元の夏祭りを見に行った。
俺と嫁は実家と同じ県の県庁所在地に勤務しており、会社の近くに住んでいた。
その直後から嫁がストーカーされ始めた。
最初は会社近くの電柱に、怪文書のようなビラが貼られた。
内容は完全な誹謗中傷。しかし嫁のフルネームと会社名あり。
同じことが二度あって、会社側が
「嫁が被害者なのはわかっているが、トラブルを起こす社員は有難くない」という態度。
しかし労組があるので解雇はできず、嫁は周囲の目もあり休職に追いこまれた。
さらに嫁の実名とアパートが、まったく関係ない事件のニュース関連で
晒されるように書きこまれる一件が起きた。
イタズラ等があったため嫁にアパートを引き払わせ、俺のアパートへ来させた。
半年ほどこんなことの連続だったが、ある日ピタっと止まった。
嫁はノイローゼになりかけていて破談寸前だったが
なんとか結婚までこぎつけ、休職していた会社は正社員としては続行無理→パート勤務
になったもののうまくいっていた。
しかし結婚2年目にしてストーカーが自首して来た。
相手は弟の友達。俺も良く知らない奴。
夏祭りの時に嫁を見かけただけの何の接点もない奴だった。
そのバカは当時会社を辞めたばかりでムシャクシャしていて当たる対象が欲しかっただけらしい。
なんで嫁に目をつけたかは「幸せそうだった」「弱そうだった」だけ。
嫁の情報は弟から得たらしい。
でも弟は社名とフルネームしかわからなかったからアパートは自分で調べたそうだ。
半年嫁に粘着したが、自分の再就職がうまくいったから止めたらしい。
「最近自分に好きな女性ができて、結婚を意識するようになって
悪いことをしたなと思うようになった」
と頬を染めて恥ずかしそうに語るバカ。
そして「謝ったんだから許してあげて」とバカの横で微笑む弟。
バカを二発くらい殴って弟に蹴りを入れて追い出した。
灰皿などでなく素手で我慢してやったんだから誉めてほしいくらいだ。
長年夢だった仕事を、意味不明ないやがらせで正社員からパートに降格された嫁は虚脱状態。
俺と弟は顔が似ているので、一時期は俺まで拒否され離婚騒動に発展した。
今は俺が婿入りして弟と弟一派から完全に縁を切っているが
あんな理不尽な思いをしたのは初めてだ。