読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

他人を馬鹿にする女



本人になにもないからか。
・百年の恋も冷めた瞬間 Open 6年目

89 :名無しさん@おーぷん:2017/03/11(土)09:27:43 ID:8gk
会社の同僚で、まだ正式に付き合ってはないけど二人で飲んだり遊びに出かけてたA子が
彼女と同じ部署のBさんという容姿の地味な先輩が30過ぎて色気付き出した、と
馬鹿にした感じで報告してくるようになった
「色気付きだした」って言葉自体がなんだかなあと思ったし
俺からすればBさんって顔と名前が合致するくらいの間柄でしかない
それに男だから化粧のことを色々言われても全然わかんないと言ってるのに
「Bさん自分じゃ眉を整えられなくて駅前の床屋で眉カットしてるんだって
あんなおじさん向けの店に行くなんてありえない」
「Bさんいい歳して口紅じゃなくて色つきリップを塗ってて恥ずかしい」と
言いがかりにしか思えない内容を笑顔で楽しそうに
報告してくる彼女の姿にじわじわと冷めていった
そのうちBさんが髪を明るい茶色に染めたら、A子は
「Bさん見た?何あの色ww」と草生える勢いで笑う
俺はBさんと仲良くもなんともないけど流石にうんざりして
「あの髪の色の何が変なの?」と聞いたら彼女は何も答えず、しばらくして逆ギレっぽく「意味わかんない」と呟いた
意味わからんのはこっちなのに逆ギレされてそこで完全に冷めてしまった
俺が距離を置き出したらA子は「なんで?」って驚いて
仲の良い先輩を使って俺が避ける理由を聞いてきたから、正直に
「俺らに無関係のBさんの悪口ばっかり聞かされるのが嫌だし
ものすごく笑顔で人を馬鹿にするのが生理的に無理」と答えた
先輩は最初「A子ちゃんそんな子じゃないよ」と庇ってたけど
後でA子が俺のことボロクソdisるようになったらしくて
しばらくしたら「あの子の本性がやっとわかった」と言われた
A子的には親しくなった相手に心を許して本音を晒してたってことみたいだけど
他人を理不尽にdisる不愉快な本音なんて晒されたくなかった