Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

あそこの夫婦は養子を取ったらしい



仔猫のミルクやりは大変だもんね。オイドンも枕元に仔猫が入った段ボールを置いて、鳴く度に起きてミルクをあげていたもんな~ そんなカワイイ仔猫ちゃんも4.6キロの風格ありんす猫に変身してもうた。
・復讐とまではいかないちょっとしたいたずらや仕返しを語れ 4

798 :名無しさん@おーぷん:2017/01/31(火)05:25:23 ID:eRK
絶縁してた義両親から親戚伝いに
「孫が生まれたとは知らなかった。祖父母として会う権利はあるはずなのにひどい」
という恨み言が回ってきた
でもうちには子供なんていない
教えてきた親戚自身も
「あの人たちがこんなこと言ってたって聞いたけど、あなたたちには子供いなかったよね??」
という感じで、はてなマークいっぱい浮かべて聞いてきた
何のことかと思ったけど、思い当たるのはその2ヶ月前に子猫を飼い始めたこと
親に育児放棄された、目も開いてない子猫だったので、保温や数時間おきのミルク・排泄の世話が大変だった
それを上記とは別の親戚に、猫の話題だということを画像まで見せて伝えたうえで
「赤ちゃんのお世話がこんなに大変だったなんてw寝不足だわ」
みたいな感じで話したことはある
多分それが親戚間でめぐりめぐって、夜泣きやらオムツ替えやらに変換されながら義両親の耳に
入ったんだろうなー
中途半端な田舎であるうえ親戚の多い義両親の周辺で、どういう伝言ゲームが繰り広げられたのやらw
孫産め攻撃で息子夫婦に逃げられたことも広まっているから、もしかしたら意地悪な人が面白がって
わざと勘違いするように義両親に話したのかもしれないけど
そこまで思い至ったけど私も意地悪な心が起こって
「子供ができる見込みもありませんが、代わりに血のつながらない小さな命を家族に迎え入れました
物覚えのいい、大変賢くて可愛い子です」
と子猫の画像を見せながら、上記の義両親の恨み言を教えてくれた親戚に伝えた
その情報がめぐりめぐって義両親のところに
「あそこの夫婦は養子を取ったらしい。賢くて将来有望なんだそうだ」
とかそんなふうに伝わったそうで、今は「勝手に養子を取るなんて!」とひどくお怒りらしい
ある程度歪んで伝わるだろうと思っていたが、そんなふうに思惑通りいくとかえって面白くて笑えてしまうw

800 :名無しさん@おーぷん:2017/01/31(火)05:32:17 ID:eRK
途中が抜けてた
数年の間に、義両親も血のつながらない養子()が気になりだしたようで、折に触れて
七五三の着物はどうするんだとか節句の祝いはどうなんだとか言っているらしい
直接の連絡は取れないようにしてあるから、あくまで全部親戚伝いの噂話の域だけど
舅の実家の家業の跡取りを探しているらしくて、その候補に考えているとかで
今のうちから取り込んでおきたいのかなーって思う
こちらは猫だってことを隠してないのに、どうして一番大切な情報が
伝わらないのかすごく不思議だわ