読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

全裸の美女(二人)に見つめられて仕事をする環境



現在勤めている仕事場は殺風景だ。デスクとパソコンが鎮座し、BOSEのスピーカーから凶悪なヒップホップが流れ続けている。加湿器から延々と蒸気がでているが、潤いがない職場だ。

フリーダムな職場なら、ビキニ姿の武田久美子がビールのジョッキを持って微笑んでいるポスターを貼って潤いエッセンスを充満させるのだが、そんな昭和的手法を実行したら一発退場のセクハラレッドカードを喰らってしまう。

壁に武田久美子がダメなら、PCの壁紙を変えたら良いのではないか? Google先生に尋ねてみると、それはそれは、コンタクトレンズメーカーも驚くほどのソフトからハードまで取りそろえたエロチカ7の画像を提案してくれる。しかし、Google先生は優秀だが気が利かない、なにせ男性のコンテンツまで出してくれる。

だが、壁紙にエロチカ写真もNGだ。うっかり、他の社員に見られた、セクハラ懲罰房にぶち込まれてしまう。「写真がダメだったら、絵画があるじゃないの!」と、脳内のハゲー・アントワネット厨房が呟く。
そうだ、それだ! だが、どの絵画を選べ良いのか? これまたセンスが問われてしまう。
有名なヌードと言えば、ゴヤの「我が子を食らうサトゥルヌス」を一番に思い浮かべてしまう。いやいや、確かに裸だけど、サトゥルヌスは髭のオッサンだし、子供喰ってるし。ルーベンス版もゴヤ版も縦位置だから、モニターにあわないし!(そこ?)

f:id:hagex:20170130112830j:plain
ゴヤ「我が子を食らうサトゥルヌス」
これを壁紙にしたら仕事は捗りそう

マティスなんかどうだ? 「大きな横たわる裸婦」…… うーん、サブカル女を口説くのに良いかもしれないが、色気がない。

f:id:hagex:20170130112649j:plain
マティス「大きな横たわる裸婦」

誰でも知ってるルノワールはどうだ? 「浴女」「長い髪の浴女」「泉による女」「眠る浴女」「水浴の女たち」「浴女たち」……タイトルを見ているだけで、プールに行きたくなったし、印象派の絵は観ていると眠くなるので、仕事とは相性が悪い。

水浴びと言えば、フランチェスコ・アイエツの「入浴するバテシバ」なんかも、エロチックな感じで好きな絵なんだけど、これはエロイーズ度が強い。

f:id:hagex:20170130113119j:plain
アイエツ「入浴するバテシバ」 センターにいる侍女の見上げる眼が堪らない。あとバテシバが頭巾だけまいて全裸とかも

Wikipediaのアイエツのページを見ていたら「オダリスク」描いてるんだ〜 と知り、オダリスクと言えば、ドミニク・アングルの「グランド・オダリスク」じゃん! と閃き。壁紙に設定。

f:id:hagex:20170130105838j:plain
ドミニク・アングル「グランド・オダリスク」

実は、もう1枚モニターがあるので、長年Adobeのイラストレーターにお世話になっているので、ベタだけどボッティチェッリの「ヴィーナス誕生」をセレクト。

f:id:hagex:20170130112428j:plain
ボッティチェッリ「ヴィーナス誕生」

ヴィーナス誕生は問題ないんだけど、グランド・オダリスクの美女は迫力がありすぎ、見つめられすぎで、落ち着かない。