Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

天ぷら蕎麦から出汁が消えた日



最近、イライラしている。今までは一晩寝ればたいていのイライラは治まっていたのだが、この苛つきはここ1週間続いている。実生活でもほっこりブロガーとして穏やかなライフスタイルなのだが、これじゃいかん! と思いアロマランプにイランイランを入れて熱してみたり、岩盤浴でリラックスしたり、ホットヨガで体をほぐしたりしていました。まあ、イランイランからホットヨガの部分はウソなんですけどね!

で、イライラ爆弾を抱えたまま出社。あさ、コンビニで販売している天ぷら蕎麦を食べようと思い購入。レジは混んでおり、店から出ると遅刻しそうな時間。やべ、遅刻遅刻と……エア食パンを口にくわえながら走りながら出社。身も心も橋本環奈ちゃんになりそうなところで、会社に到着。
ドアを開けようとするも、鍵がかかっている。鍵を出そうとガサゴソしていたら、遅刻タイムが迫っていたので焦ってしまい、左手に持っていた天ぷら蕎麦を地面に落下させてしまう。蓋が外れて、ゼラチンで固められた出汁が少々飛びだしていたが、これぐらいなら無問題。

で、レンジに蕎麦を入れて、「温め」ボタンをポチっとスタート。時間が経つにつれて、蕎麦出汁特有のいい匂いが立ちこめる。そしてレンジがチーンと気持ちよくなり、おなか空いたな〜 と思いながら、レンジから天ぷら蕎麦を出そうとすると、容器の下から
ボタボタボタぁぁぁ
と凄い勢いで、茶色の液体が蒸気を発しながら滴り落ちてきます。
やべぇぇぇ と あつぅぅぅ という気持ちのコラボレーションに包まれて、素早くシンクに容器をライドオン。あ、出汁がなくなっちゃう! と気がつき、お皿に容器ごとパイルダーオン。

どうやら、玄関で落とした衝撃で、容器にヒビが入っていた様子。あんまり見たくないですが、レンジの中を覗いてみると、出汁が茶色い玄関マットのように鎮座しております。昔読んだエルサバルバトル内戦記の「室内には死んだ兵士の血が広がり、2センチほどの高さで固まっていた」という表現が蘇りました。2センチの高さもないですが、レンジの中は出汁まみれ。幸い扉の外には出ておらず。布巾を使って出汁の除去を試みますが、いかんせん量が多い。そこで大量のティッシュペーパーに吸い取らせ、ゴミ袋に移動。

レンジが元通りになったところで、天ぷら蕎麦をみると「汁なし天ぷら蕎麦」になっておりました。クラブでナンパしたときは美人に見えたけど、いざ明るい場所に連れてきたらアレ、何これ的な状態にになっていたので、「あ、これ、先週のブラチン(=王様のブランチ)で、紹介されていた話題のヤツだ! 食べたかったんだよな〜」と自己暗示をかけて食してみます。


汁なし天ぷら蕎麦

出汁がないので、麺自体が絡まっておりひじょーーに食べにくく、出汁がないため味も激薄。お皿に入れてパイルダーオン状態で食べていましたが、どうせキッチンで食べていたので、割れた容器をもってシンクの上でパクパク。


容器に入っていたヒビ

うん、今日も素敵な一日に成りそうな予感です。みんなもコンビニのレンチン系の容器を落下させたら、ヒビがないかチェックしような!