Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

2016年スタートで面白かった漫画



と聞かれたら、以下の漫画をおすすめする。

「疾風の勇人」
『ムダヅモ無き改革』でお馴染みの大和田 秀樹がモーニングで描く、昭和初期の政治家物語。タイトルの通り、主人公は池田勇人。漫画なので、どこまで史実にそっているのかはわからないが、面白い。

疾風の勇人(1) (モーニングコミックス)

疾風の勇人(1) (モーニングコミックス)

「ガイコツ書店員 本田さん」
書店員さんエッセイといえば、久世番子の『暴れん坊本屋さん』が代表作的なイメージがあったが、それを塗り替える勢いの漫画。この漫画の魅力は、絵が無茶苦茶うまい。そして、出てくる同僚のキャラがどれも魅力的。職場にバレているので、赤裸々なことは書けないようだけど、頑張って欲しい。

ガイコツ書店員 本田さん 1<ガイコツ書店員 本田さん> (MFC ジーンピクシブシリーズ)

ガイコツ書店員 本田さん 1<ガイコツ書店員 本田さん> (MFC ジーンピクシブシリーズ)


「宇宙戦艦ティラミス」
原作者が宮川 サトシ 、漫画は伊藤 亰 。宮川 サトシ といえば「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」・・・・・・ あ、この時は「宮川さとし」と名前がひらがななのに、いまはカタカナになっている。そして宮川先生といえば、オモコロで連載している「情熱大陸への執拗な情熱」がとっても面白く、毎回ゲラゲラ読んでいる。
そんな宮川先生が原作の漫画だから、さぞ面白かろう・・・・・・と思って読んだら面白かった。主人公は頭のネジが外れて鋳るのだが、そのリアクションが面白い。

宇宙戦艦ティラミス 1巻 (バンチコミックス)

宇宙戦艦ティラミス 1巻 (バンチコミックス)