Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

10年間にらみ続ける



凄い執念だ。
・その神経がわからん!その27

20 :名無しさん@おーぷん:2016/12/14(水)16:43:06 ID:kT1
長文苦手な方はスルーでお願いします。
 学生時代、コンビニでアルバイトをしてた。
夕勤(17時~22時)のシフトに入ってる時に、店内を2人組の男の子達(小6と後で判明)が
何を買うでもなくウロウロしてて、なんか怪しいな?と思って商品補充するついでに観察してたら
成人雑誌を洋服の中(お腹の部分)に入れたのを目撃。
 私が勤めてた店舗は、オーナーの方針で
・誰であろうと万引きは犯罪。未遂で味をしめるパターンもある。
・確実に店外へ持ち出すまで、気が付いても声はかけない。
・万引き犯を捕まえたら、すぐオーナーか店長に連絡して、警察を呼ぶこと。という決まりがあった。
(深夜~朝の万引きが多い店舗で、そこそこの損失が出てたらしい)
だから私は声をかけず、一緒に入ってる人(仮にA男)に「あの子達万引きするかも」と耳打ちした。
内心「思い直して棚に戻してくれないかな」と思っていたけど、残念ながらその子達は
そのまま店の外に出てしまったので、すぐさまA男に追いかけて声をかけてもらった。
(私だと逃げられる可能性もあるし、物が物だけに男の人のが良いだろうと判断)
 ちょうどお客さんも途切れた時だったので、オーナーに電話をすると
「すぐ警察を呼ぶように。自分もすぐ店に向かう」と指示があったので、その通りにした。
子供達は神妙な面持ちで、バックヤードでA男と待機。
オーナーは10分、警察は15分ぐらいで店に到着。
オーナーが到着した段階で、A男も通常業務に戻ってきた。
30分ぐらい経った頃、その子達の親がお店に来たので、オーナーに確認してバックヤードに通した。
結局、初犯であること、まだ小学生であること、本は双方の親が折半で買い取ることで決着。
 ここまでなら、まあそこそこある話だと思うんだけど、後日のがビックリだった。
どうやら片方の子が、そのお店に勤めるパートさん(仮にBさん)の甥っ子だったらしく
シフト交代で顔を合わせた時に「何で私(Bさん)に連絡してくれなかったの!」と言われた。
私だけじゃ飽き足らず、A男はもちろんのこと、オーナーにまで食って掛かったようで
・働いている人の身内でも優遇はできない。
・バイトの子達は店の決まりに従ったまで。
・店の決まりに従えないのであれば、辞めてもらって結構。ということでパートさんは事実上クビ。
その後Bさんは、店の外から店員を睨みつけていたりすることが度々あった。
(同時期に無言電話がすごく増えたので、これもBさんではないかと言われていた)
 私は学校の卒業と共にそこのコンビニを辞め、今の県で就職・結婚し定住したんだけど
先日法事で実家に帰った際、たまたまそのお店に寄ったら、店の外にBさんがいた。
当時のオーナーがいたので、懐かしさもありちょっと雑談したところ、あの事件から
10年も経っているのに、Bさんはあれからずっと同じ行動をしてるそうだ。
店の外にいるだけだけど、事情を知らないパートさんやバイトは、怖がって辞めてしまう人もいるらしい。
10年も店を恨み続けられるBさんの神経がわからん。