Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

インターネットは今も“普通の人”の日常話が腐るほど読める



nectaris.hatenablog.com

に対するコメントです。
上記のエントリーは、近年、周辺からの突っ込みが多くなり、普通の人が普通の日記を書くことが難しくなったという内容です。次のように嘆いてます。

自分が、そういう風に自分の話を書けなくなって嘆いているのではなく、どこか、知らない誰かが、自分の日常の些細な、けれどもどこにも日常では吐き出すことのできないそういうシコリや思いのかけらが、放流されていたのがかつてのインターネットで、そして、そういうインターネットを僕は愛していて、そしてそのようなインターネットがなくなってしまったことを嘆いているのです。

結局、今、インターネットで生きてブログを書いていくことができるのは、ロボットみたいなアフィリエイトブログか、メンタルがものすごく強いブロガーか、ちゃんとインターネットのリテラシーが高くて、絶対に炎上しない記事を書けるプロのライターれべるの文章能力の持ち主、ということになる

誰にも見せるつもりはないけれども、誰かに話したい、王様の耳はロバの耳みたいな、そういう、個人のささやかなブログ。自分はそういうものがみたい。

あります、たくさんあります。アメーバブログやYahoo!ブログに掃いて捨てるほど「知らない誰かが、自分の日常の些細な、けれどもどこにも日常では吐き出すことができない個人のささやかなブログ」があります。

インターネットのコンテンツは、水平の検索には強いけれど、垂直のサーチは難しい。ネットを熱心に見ている人でも、実は狭い空間しか見ていないことがよくある。だから、自分が見ている空間から情報が消えると、「ネットから情報が消えた」と思いがち。

アメブロやYahoo!ブログには、メンタルも弱く、リテラシーが低く、炎上スレスレのエントリーがいっぱいあります。

「趣味:悪趣味、特技:悪趣味」と履歴書に書いちゃうぐらいなゲスッ子の私ですが、それらの日常系のエントリーを読んでも、面白くないんですよね。まず文章が下手、面白いエピソードや事件にあっても上手く言語化できていない、立派な意見を言ってるようでテレビの受け売り、写真もダメ、そもそも何を言いたいかわからない、といった薄いコンテンツばかり。

日常では吐き出すことができない内容を書いている人も多いですが、なかなかゲスの心に響くモノは少ない。ただこれは、私の感覚に問題があるのかもしれません。なにせ、今まで発言小町や2ちゃんねるのハードなコンテツばかり読んでいたので、感覚が麻痺している可能性があります。

なかには「読ませる&通常吐き出さない内容がある」日常系ブログもあります。しかしそれは1%も満たない「希有」なブログなんですよね。なぜ少ないか? それは現在のネット環境ではなく、書き手のスキルとモチベーションが問題。確かに魅力的なブログは注目を浴びやすく、外野からの意見によって撃沈する可能性が高くなるのは事実です。だけど、炎上するってのも技術、タイミング、運が必要。炎上するのもなかなか大変なんです。

てなわけで、クソみたいなブログの中から面白いコンテンツを探すのは大変なので、見つけた人は私にコッソリ教えてください。最近はLIENブログの発掘作業に勤しんでいます。

探し方ですがアメーバブログなら、「ジャンル別」のページから、日記の「日々のできごと」「Girl'sDiary」「ハッピーライフ」を掘りましょう。
Yahooブログならこのページにいろいろなジャンルが載っています。日常系なら「 日記・雑談」から探していきましょう。
アメーバはランキング型式になっているので、ゲスッ子のみなさんは「下の順位」から見ていきましょう。

それではゲスッ子の諸君、健闘を祈る!!