Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

ペットシッターを頼んでみたぞ



猫先生と一緒に暮らし始めて困ったことは、手軽に旅行に行けなくなったこと。1泊2日ぐらいだったら、ご飯と水を多めに置いてでかけることができるが、2泊以上だとそれはできない。
友人に面倒をみてもらう・・・・・・というのも手だが、そんな友人がいない場合は「ペットシッター」にお願いするしかない。住んでいる地名+ペットシッター という検索キーワードでGoogle先生に尋ねると、某ペットシッターサービスがヒット。
本当に信用できるのか・・・・・・不安になりつつも連絡すると感じの良い女性が出てきた。

最初に打ち合わせを行ない、猫先生を直接会ってみるとのこと。ちなみにこの打ち合わせも出張費用がとられるが仕方がない。料金は猫は1日約3000円。1回30分から1時間ほど作業をしてもらい、猫の水・エサやり、トイレ掃除、遊んでくれたり、時間に余裕があればベランダの鉢植えに水もあげてくれるとのこと。

実際にあうと、感じの良い女性で前払いで入金をすます。猫先生がいる部屋やWebカメラを設置している。来てもらっているときに、Webカメラでチェックしていましたが(先方には通知済み)、警戒している猫先生に対して果敢に遊びを挑んでました。
作業が終わると、毎日数枚の写真とともに、報告書のメールがすぐにやってきた。ペットシッターさんはここまでやるのか!

その後、2回同じシッターさんに頼み、警戒してた猫先生も、最後は仲良く遊ぶようになりました。
安くはないけど、大切な猫を思うなら、悪くないサービスだと思う。が、サービスをする人の信頼性や相性があるので、そのあたりのマッチングは重要。他人に自宅の鍵を預けるのは不安だし、新たなリスクを産むものだしね。