Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

兄が中二病になった



ひどい親だ(笑)。
・笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】3

54 :名無しさん@おーぷん :2016/10/01(土)00:58:28 ID:fOc
私が小学生になった頃、兄が中二病になった。
黒魔術やらが載った本を買ってきたり、赤ペンで呪文を書いた包帯を巻いたり。
両親は生温かい目で見守ってたんだけど、子供だった私は兄の言動にいちいち衝撃を受けていた。
兄もバカ正直に信じ込む私の反応が面白かったらしく、中二病はさらにエスカレート。
独自の言語を作り出したり、妄想日記を書き出したりなどしていた。
私は「強大な力を持っているがまだ目覚めておらず、自覚もない」という扱いで、能力制御みたいな感じの教えを受けていた(8割は勉強会)。
その中で兄の作った独自言語の解読法を教えてもらい、新しく身につけた知識を試したかった私は、兄の不在時にその言語で書かれた妄想日記の解読を始めた。
最初は日々の由無し事をノムリッシュ語風に書いてただけだったんだけど、そのうち「俺の中に潜むもうひとりの自分(悪い)」が自分を支配しつつある、みたいな内容になり、悪い方の自分が完全に意識を乗っ取った、この体を使って悪いこといっぱいしてやるぞ!的なところで終わっていた。
そこまで解読した私は、「そういえば最近兄が遊んでくれない(実際は飽きてきてた)」→「悪い方の兄に変わったからではないか!」という結論を叩き出し、兄の友人宅(私もよく遊びに行ってた)に突撃、日記を晒しながら「お兄ちゃんが…」と泣きじゃくる。
最初は何事かと真面目に聞いてくれてた兄の友人が、途中から「あー…」という感じになり、最終的には腹を抱えて笑っていた。
その後、兄本人から「全部嘘です!」と説明され、半年も経つと「その話はやめて!!!」という状態に。
あとから聞いたところ、家の中で演じてたキャラを友人にバラされ、散々それでいじられたらしい。
今思うとものすごく残酷なことをしたと思ってるが、当時の兄の様子を、ここぞとばかりに山ほど録画してた両親もなかなか鬼畜だと思う。