Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

最後のオリンピック



幸せな人生だったのかな??
・何を書いても構いませんので@生活板 30

819 :名無しさん@おーぷん:2016/08/13(土)15:45:03 ID:bPX
シドニー五輪(2004年)の閉会式を見ながら、当時77歳の毒父は「自分は北京オリンピック(2008年)まで生きられない、これが最後の夏のオリンピックだ」とさも悲しげに言った。
これが普通の父親であれば、「そんな事はないよ」と励ますところだが、母も私も白けていた。父はいつも「もうすぐ死ぬから、好きにやらせて」と言って、めちゃくちゃな事をしてきた。駅のホーム・銀行・役所等で列に並ばない・順番を待てないところ
から始まって、いろいろな社会のルールを無視した。交通事故も一年に一回は起こした。わけの分からん姉ちゃんに金を渡して、いかがわしい行為をしてもらっていた。孫(私の息子)の進学先・就職先にも口を出した。電話魔でいろいろな人に(普通の人の
観点で)用もないのに「大切な事(例えば、痔持ちの自分が便秘で苦しい)」と言って電話をかけた。父は「問題行動のデパート」
「苦情収集機」のような糞毒父だった。若い時は「女性問題の専門店」と呼ばれた人だった。
父は「自分は高齢」という口実を得て、ますます言う事を聞かなくなった。多くの医者からは出禁にされ、処方箋を持たないのに
薬局に自分の考え通りの薬を「よこせ」と言って警察を呼ばれた。少しでも具合が悪いと病院に行き入院して、自分勝手な行動で
追い出されることを繰り返した。東京は病院が多いから父がいくら追い出されても、行ける病院が尽きなかった。
家族である母や私が呼ばれ、「監督不行き届き」で叱られた。母や私が咎めると、父は「うるさい」「放っておいたら良い」と言う
だけで行動を改めなかった。
父は兄弟が多く、家が貧しかったので、父は祖父(父の父)から「いらない子」と言われて育ったらしい。祖母(父の母)が父の
看病をしようとすると祖父が「死んだら良いから放っておけ」と言った事を悔しそうに私に話したことがある。祖母は早くに亡くなった。
父は若い頃に結核になって「自分は長く生きられない」が頭にこびりついたせいか、「生きて居るうちに好きな事をする」がモットーとなり、周りの迷惑を考えない、とんでもなく迷惑な人間になった。
そんな父が家で転倒し階段から落ちて入院した。やはり、入院先でも医師・看護師の言う事を聞かず、めちゃくちゃな行動があり、高齢もあって「認知症」の診断が出て精神病院に転院することになった。
精神病院では、今までの病院のような医師・看護師の方々の「困ります!!!!」「何ですかあの人は?!!」的な反応がないので
私はその点では楽だった。
父は精神病院で、心が穏やかになる薬を処方され、怒鳴らなくなっていった。かわりに幼子の様に看護師に甘えて、かまってもらい
たがるようになった。
亡くなった時、父は穏やかな顔していた。「生きて居るうちに好きな事をする」。そんな人生で父は楽しかったのだろうか?ただただ、お母さんに優しくされ、何でも許され、かまってもらいたかったのだと思う。それは社会のどこにも無かった。無いものを探し続けて、周りの人を不幸にして父は2016年リオ・オリンピックの直前に亡くなった。

822 :名無しさん@おーぷん:2016/08/13(土)17:17:30 ID:fc8
>>819
すごい気になったんだけどシドニーオリンピックは2000年で2004年はアテネオリンピックだ

823 :819:2016/08/13(土)18:40:54 ID:v5D
>>822
記憶違いでした。
北京の一つ前のオリンピックの閉会式を
見ながら「次は北京」」のアナウンサーの
発言を聞いて父親が言った言葉です。
なぜかシドニーの閉会式だったと思い込んでいました。
失礼しました。