読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

書くことは面倒くさい



こっそり告白しますけど、私は書くのが大嫌いだし苦手。
だって文章書くのは面倒じゃん。
新書1冊分、頑張って書いたけど、全く得意じゃない。

読み手に分かりやすく書かないといけないし、誤字脱字は気をつけないといけないし(これは多くて申し訳ない)、やっぱり時間を割いて読んでくれる人のために面白いエピソードや知識をいれないといけないし、起承転結を基本に構成を考えないといけないし、何か言いたいことがあるから文章を書くわけで、単純に「スゲー」「面白かった」じゃ、伝わらないでしょ。
そして、文章って結局はセンスが良い人が勝ちなんですよ。努力・友情では勝利できない世界ですよ、センスってのは。磨くことはできるけど、最初に磨くものがないとどうしようもない。しかし、ネット上では文才がある連中がゴロゴロしているから、彼らの文章を見る度に私のモチベーションはダダ下がりですよ。

そしてさ、コレは自業自得なんだけど、この日記はコトメ系エントリーが多いから、私に対して悪意をもっている人もゴロゴロいる。そんな連中は、息を潜めてナイフや千枚通しを持ってじーっとこちらをみてるわけ。オイドンが好きを見せたら……違う、隙を見せたら一気にブスリと刺しにやってくる。だから、「へ〜〜水素水って体によさそうだね」とか「花粉症が酷いので、アコナイトのレメディを使ったら調子が良くなった★」と、うっかり書いたら、そりゃもう蘇民祭もビックリの血祭りですよ。あ、このネタは悪意のあるユーザーじゃなくてもボロカスに書かれちゃうね。

文章を書くときは、いつもヒーヒー言いながら書いてるんです。文才ないから。モーツアルトが「ドン・ジョバンニ」の作曲を手がけるも、初演が明日にも関わらず未完成。劇場の支配人がせかすんだけど、モーツアルトは「曲はもう頭のなかにある、後は書くだけだ!」と答えるエピソードがありますが、私もそん才能が欲しいもんです。

書くことが決まっていたら、比較的簡単なんですよ。大まかにじゃなくて、細かいところまでね。そしたら

なに、あれは眉や鼻を鑿で作るんじゃない。あの通りの眉や鼻が木の中に埋っているのを、鑿と槌の力で掘り出すまでだ。まるで土の中から石を掘り出すようなものだからけっして間違うはずはない

とかカッコ良いことが言えるんですが、そこまで揃えるのが面倒。

映画や小説の感想を書くなら、何がなぜ面白かったのか……をしっかり考えないといけない、面倒! デマの検証をするならいろいろを本当かどうか調べないといけないし、これまた面倒!! 炎上にガソリンをバラまくときも背景や事実を調べて、本当にガソリンをバラまいて良いか悩んだり面倒!!!

そして、上記の下調べが終わったら疲れたので、文章を書くこと自体が面倒!!!! もう眠い、寝かせて。確かに木の中に「仁王」が埋まっていて、後は掘り出すだけで簡単なんだけど、もう何かも面倒くさいんだよ!!!

と、最後は怠惰と戦いながらも頑張って書き上げる。上手く注目を集めれば良いけれど、注目も集められないわ、辛辣なコメントが来るわ、弁護士さんから素敵な手紙がくるわ、デメリットもあるわけですよ。しかも最近は「HagexからIDコールがきて怖い、泣いちゃう」と言われて……わたし、ほっこりスイーツブロガーを目指しているんですよ(涙)。

じゃあ、なんで面倒なことをやっているかというと、自分でも良くわからない。ただ、仁王が埋まっていそうな木材を見ると掘ってみたくなるんですよ。もう業ですね。

私は成仏できるのでしょうか。助けて運慶&モーツアルト。