読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

ブログの無意味な「目次」と「見出し」は見苦しい

Web


どもども、紅茶とスイーツを愛するほっこりブロガー、はげっくす★です。

スイーツブログにあるまじく、最近は殺伐エントリーばかり。昨日は高知のリコピン先輩に「粘着質のネットウォッチャー(笑)」と悪口を言われる始末。彼、相当いまの生活が辛いのでしょうか、ハゲ子は心配よ。イケハヤ尊師、イライラしたときは糖分とトマトの摂取だぞ(ハート)。

リコピンと愛情不足でイライラするトマトさんとは違う理由で、ゆるふわ系ブロガーのハゲ子もイライラすることがあったので、ぜひ皆さん聞いて欲しいのです。

そう、それは挿入する必要がないのに、ブログ冒頭にババーンと出てくる意味のない「目次」と、無駄に多い「見出し」だ!


↑ 目次はこんなやつね。皆さんも見たことがあるでしょう。
「このエントリーは、絶対に目次を付けないとダメだ!」と考えた結果なのかと、ブログ主に問いただしたい。ほとんどのブロガーは

(1)目次生成機能もあるし、なんとなく使った
(2)なんだか真面目な雰囲気を出すから
(3)文字量稼ぎ
(4)SEOなんたら

と、「別に目次をつけなくてもよいけど、つけてみた」というモノばかり。

もちろん、文字量5000字オーバーのエントリーはあった方が読みやすい。しかし、体感的に9割以上のエントリーはない方が読みやすいぞ。
長い目次は、スマートフォンで読むときスクロールに時間がかかるから、時間の無駄なんだよね。

この目次のために、今度は無意味な「見出し」が本文中に増加している。見出し機能は手動で作成するのではなく、見出しのタグを見て、プログラムで自動的に生成される。そのため、目次を長くしようと思ったら、見出しを沢山つけないといけないんですね。その結果、100から200字ごとに見出しを打つ人がでてきて、見出しインフレになったエントリーができあがる。これまた読みにくいんだよね。

てなわけで、目次と見出しを意味もなく多用する人は、「ああ、この人、日頃はいろいろブログ術について偉そうに語っているけど、何もわかっていないのね」と思っちゃいます。

無意味な目次と見出しはやめてね、ハゲ子からのお願いよ!


関連エントリー