Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

ダメ母の勘



詳しく書かれているな~
・今までにあった修羅場を語れ【その15】

264 :名無しさん@おーぷん :2015/12/20(日)21:18:04 ID:Oda
ものすごく長いです。
苦手な方はスルーしてください。
私の母方の祖父母はT県で会社経営をしている。
祖父は結構大きく従業員も何百人もいる会社を経営、祖母の方はテナント業とホテル経営(カップル専用の)で二つの会社。
テナント業は不動産は結構あるが、従業員は秘書が一人だけ、登記のため事務所は形だけあるが倉庫状態。
基本的に業務は金勘定と書類整理、業者に連絡などなので自宅で殆ど事足りるからだ。
ホテル業はアルバイトと、社員が2~3人だったと思う。
母は4人兄弟。
長男
長女(母)
次女
次男末っ子
長男・次男は祖父の会社で働き、役職も貰っていた。
長女である母は、祖母が持ってくる見合い話にうんざりし、20代半ばで他県にかけおち、結婚、出産、離婚、出戻り。
次女は祖母に取り入って、祖母会社の雑用係だったが、30代で結婚、その後男児ふたり出産。秘書がやめてからは本格的に会社に関わるようになった。
次女の旦那さんは、自分のお母さんが経営していた会社がつぶれ、祖父の会社に就職。これまた役職。
私が初孫だった為、母が私を連れて実家に出戻った時は皆歓迎してくれたらしく、皆が実家住まいだったのでそれはそれは可愛がってくれた。
母は重い病気で入退院を繰り返していたので、次女である叔母は特に自分の娘のようにかわいがってくれていた。
学校行事も来てくれ、買い物や遊園地や休暇中の別荘などもよく連れて行ってくれた。
私にとっては第二のママみたいな存在であり、むしろ情緒不安定アル中メンヘラで勉強しろと暴力をふるう実母よりも好きだった。
中学になりグレた時に尻拭いしてくれたのも、半分は叔母だった。
たまり場に凸してきて、ヤンキーグループの子達に説教したりも叔母の役目だった。
結局母との関係を修復できなかった私は、父の家(他県)に引っ越した。
ちなみに、母の実家がホテル経営をしていることは、父から聞いた。
母方一家は、なぜか私にホテル経営のことを内緒にしていたらしい。
しかし、内緒にしているなら根ほり葉ほり聞く必要も無いので、知ったことは叔母には言わなかった。

265 :264 :2015/12/20(日)21:18:41 ID:Oda
叔母は、高校の時にお小遣いを振り込んでくれ、誕生日にはプレゼントを送ってくれ、大学時の一人暮らしの家賃も払ってくれていた。
母には電話番号を教えていなかったので、状況報告も全て叔母にしていた。
大学卒業後、内定が決まっていたが、祖母がどうしてもT県に戻ってこいというのでしぶしぶ戻った。
本当は父や友達と離れたくなかったので嫌だったが…。
そして、祖母の会社の顧問会計士であるF先生事務所に就職し、祖母会社の所有物件の一部屋に住んだ。
私がT県に戻ったこと、F先生の事務所で働いていることは母には内緒だった。
この頃、祖母会社の代表取締役は登記上、叔母の名前になっていた。
実権を握っているのは祖母だったが、理由はよく分からん。借入の問題とかだと思う。
母は、精神的にもだいぶ落ち着いて、祖母会社の経理・仕訳などを任されていた。(祖母も叔母もPCができない)
そして母は変なところが真面目なので、ラブホテル業にはあまり関わりたくなく、ホテルへの出入りはしていなかったらしい。
叔母は、仕事でホテルによく出入りしていたようだが、私はホテルに関して知らないことになっていたのでよく分からない。
就職して1年と少し経ったころ、私がT県に戻っているのが母にばれ、母が私の部屋に乗り込んできた。
祖母が、私のところに差し入れを持って来ようとして勘付いたらしい。
確かに母は昔から怖いくらいに勘が鋭かった。
仕方なく、母と話し、酒を飲みかわし、和解したような状況になった。
そこで、母が妙な事を言い出す。
「叔母は詐欺師だ」
また妄言が始まった。どうせ自分は同居している祖母と喧嘩ばかりするから、代表取締役の肩書きを貰って、家族仲も良い叔母に嫉妬してるんだろう、と思った。
母が帰り、祖母に電話をかけ、母が来て再会したことを伝えた。
ついでに世間話感覚で母の妄言のことに触れると、返答がどうもおかしい。
「まだ、わかんないから…」
え?まだ?
じゃあ可能性があるってこと?
でも、叔母にメールをしても普段通りの返信がある。
一方で、たしかに最近連絡の頻度が極端に減ったようにも感じた。
信じたくない私はそれ以上、考えるのをやめた。

266 :264 :2015/12/20(日)21:19:01 ID:Oda
数週間後、叔母一家は夜逃げした。
約10年、仮面をかぶっていたのだ。
聞くところによると、叔母にもっていかれた金額は、10億超えらしい。
祖母は、とてもケチだった。
家で使う食材でも何でも全て経費で落としていた。
色々なところに借金もしているが、数件踏み倒しているし、内装工事などは気弱そうな業者に外注、半分脅しみたいに値下げ要求。
事務所も所有物件の一部なので家賃もない。
従業員が居ないのも、給与を支払うのが惜しいから。
そして、母も叔母も、通帳上での給与は貰って居なかった。
実際受け取っていたのは月々精々20~30万くらいだと思う。月100万以上の差額は祖母の金庫の中に…
その代わり、公的機関の支払いは祖母、食費交際費文房具費交通費など落とせるものはほとんど経費だったが。
そんな情況なので、叔母はお金にあまり余裕がないはずだった。
私の母は実家暮らし、子無しのような期間が8年くらいあった、離婚時の慰謝料、養育費などで、ある程度贅沢しているのはまだ分かる。
しかし叔母は就職経験ゼロなので、貯金があったなど考えられない。
旦那の稼ぎは知らないが、実質家庭の大黒柱は叔母だというような雰囲気があった。
叔母の家で、ノーブランドの衣類装飾品を見たことがない。
100足以上のハイヒール(殆どがルブタンなど)とハイブランドのバッグ数十個。
息子2人(中学生と小学生)も靴まで、SHIPSなどブランド物を身に付けていた。
デパートに行くと、殆どのショップの店長や店員も顔見知りで、旦那のスーツは全てオーダーメイド。
家電もやはり良い物で、CD・DVD・ゲーム機・ゲームソフト・漫画は話題の物はすぐ購入していた。
家でご飯を作る時は、炊飯器の中に余った白米は冷凍などせず捨てていた。
当時は不思議に思わなかったが、全て詐欺したタンス貯金から出したものだったのだ。
ちなみに、私にかかった費用(食事代やプレゼント代など)全て祖母に請求していたらしい。

267 :264 :2015/12/20(日)21:19:23 ID:Oda
どうやってその現金を捻出したのか。
叔母は暴力団関係者数名と付き合いがあった。
その男の中の一人を、例えば経営コンサルの社長だとか言って祖母に紹介する。
経営に関わらせ、ラブホテルの事務所に出入りさせる。
祖母の信用を得たあと、新しい会計士を紹介。なんと、この会計士が先述のF先生だった。
当時はホテル経営が軌道に乗っていなく、悩んでいた祖母は受け入れてしまったのだろう。
その調子で次々にそういうチンピラを、内装業者などを装わせ、会社に関わらせていく。
バレそうになったら、何か理由をつけてクビにする。
あっという間にホテルは詐欺グループのコントロール下だった。
しかも、F先生に至っては、不動産会社の方の顧問もやっていたので、実家の財政状況は丸裸だった。
F先生に言われるまま、不動産会社の資金をホテルの通帳に入れてしまったりもあったようだ。
ラブホテルの売上金は叔母がちょこまか回収し、ポケットマネーにしていて、帳尻を合わせた売上表を祖母に見せる。
「ホテルってドル箱だと思っていたけど、全然儲からないのね」という祖母に改装工事を提案して、工事費用をごまかす。
ホテルの地下室を、無許可でAVの撮影スタジオにする。
他の会社所有の物件を、売ったり、抵当に入れたりする。
昔からの親友が、お金借りたいって言ってるから、といって祖母から巻き上げる。
後で調べたら借用書は偽物でむしろその友人から叔母がお金を借りていた。
また、祖母が私の実父に借りた数千万の一部を返すとなった時、叔母が現金の運搬係となった事があったそうな。
父は、祖母も母も苦手なので、叔母と会ったあと祖母に金額を確認しなかったが、もしやと思い騒動中に私が父に確認すると半分しか渡っていなかった事が判明した。

268 :264 :2015/12/20(日)21:19:37 ID:Oda
露呈した原因は母の第六感だったらしい。
ふと叔母が連れてきた関係者に違和感を感じ調べると、暴力団構成員名簿に名前が載っているのを発見。
興信所を雇うと、叔母とその男が頻繁に逢引きしていた。
おかしいと思い、普段は絶対足を踏み入れないホテルに行くと、エントランスで他の従業員に、関係者以外立入禁止ですと止められた。
母は、自宅にあったスペアキーで無理やり突入。
金庫を開けると、出るわ出るわ、借用書や、物件を売った証明?や謄本などの書類の山。
そして、その抵当の中には、私の為に母が購入して現在も運用している物件もあったらしい。
ちなみに詐欺されたお金の一部はもちろん暴力団関係者にも渡っていて、叔母と暴力団関係者の間には肉体関係もあったそう。
叔母旦那は旦那で、全貌を知っていたはずなのに、生活の質を落としたくなかったのか、黙認していた。
むしろ一瞬だけ祖父会社の代表取締役になった期間に祖父を尊敬していて付き合いも長い社員を脅し、200万を用意させたらしい。
そして、叔母の家に、叔父(長男)と祖父母が乗り込み問い詰めた時も、口をぎゅっと結び、涙もながさず黙秘していて、謝罪の言葉はなかった。
数日後には、家はもぬけの殻だった。
続きもあるんですが、とりあえず第一次修羅場は以上なのでここで終わります。
長々と駄文でレスを消費してしまい、すみませんでした。
騒動中から今まで、私自身は叔母と会ってません。
メール電話は何度もして、誰にも言わないから返事を欲しいと伝えても、一切連絡はありませんでした。
娘のように可愛がってくれ、叱ってくれたあの愛情も全て嘘だったのかと思うと、心の中が修羅場でした。

273 :名無しさん@おーぷん:2015/12/20(日)22:02:56 ID:USe
>>264
いまごろその叔母はどっかの山の土の下ではないだろうか。

277 :264 :2015/12/20(日)23:17:43 ID:Oda
>>273
いや、夫婦そろって自己破産して他人の名義で高層マンション暮らし。
現金はたんまりあるだろうし、上の息子は私立トップランクの大学にすすみましたとさ。

275 :名無しさん@おーぷん:2015/12/20(日)22:44:46 ID:tGR
>>268
お時間が出来たら第2弾、3弾とお願いします
経営者の家庭はいろいろありますよね…

278 :264 :2015/12/20(日)23:18:36 ID:Oda
>>275
大塚家具みたいだねと実父に言われましたw
いつかまた時間があれば…