Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

汝の名は「大宇宙爆裂(仮)」



いずれ名前を変える日が来るでしょう。
・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その10

558 :名無しさん@おーぷん:2015/11/26(木)00:25:34 ID:IwT
なんと言うか……
私にとっては衝撃で済むが、友人にとっては修羅場
1/3
友人は6、7年前に結婚、すぐに奥さん出産
ここで名付けで荒れた
奥さんは出産前からハイになっており、性別がわかってからはあれはどうこれはどうと
旦那である友人にいろいろ提示してきた
それはそれはもう眩しいばかりに輝きを放つ名前の数々を
へたに喧嘩をして母体に影響を与えるわけにはと言うわけで
友人はとりあえずのらりくらり
「いざ生まれればこども愛しさに冷静になれるときがくるはず」と考えていたよう
そしていざ出産……
奥さんは我が子愛しさのあまりか、それまで以上にまばゆいばかりの名前を猛プッシュ。
これはいかんと友人は両家ご両親と相談し、極めて通常の名前でこっそり決めよう
そしてあとでゆっくりと説得するのだとした
ところがこの目論みが、奥さんと仲のよい友人妹の口から奥さんにバレる
荒れる
ここまでが産後一週間ほど

559 :名無しさん@おーぷん:2015/11/26(木)00:27:55 ID:IwT
2/3
友人、友人両親、奥両親、奥弟 VS 奥さん、奥さん友人ズ(軒並みキラキラ子持ち)、友人妹
でさらに荒れる
特に奥友人たちには人格否定のようなことまで言われたらしくこの頃の友人はちょっと見ていられなかった
そんな頃に奥さんは最後のカード「離婚」をちらつかせてきたそう
それを含め、2週間いっぱい揉めに揉めて、結局お子さんの名前は……
例えるなら、「大宇宙爆裂」くんみたいな名前で提出されてしまった
激怒した友人、友人両親は「離婚だ!」
奥さん「当たり前じゃあ!」
結局、僅かばかりながらも慰謝料を支払うはめになりつつ友人は離婚
友人は当時毎日泣いて過ごした
それから数年の現在
大宇宙爆裂くんは奥さんのもとですくすくと成長
最初こそは拒否されていた父子面会もここ1年で、隔月で叶うようになっていた
大宇宙爆裂くんがようやく友人を父と認識してきて、感極まった友人と、子のやりとり
「ごめんな、大宇宙爆裂、パパはお前の名前をこんなにしてしまった。お前を守ることができなかった」
「なんでー?」
「あんまり言いたくないけど…、こんな名前ではきっとお前は苦労しているはず」
「そんなことないよ、大宇宙爆裂、名前大好きだよ!
近所のおばちゃんにもきれいな名前だねって言われるし、友達にも毎日いいないいなって言われる!」(満面の笑顔)

560 :名無しさん@おーぷん:2015/11/26(木)00:29:42 ID:IwT
3/3
友人は大きな衝撃を受けたそう。
あれだけ奥さんを責めた、全力で止めた名前が世間で受け入れられている。
息子がこんなにも幸せそうに自分の名前を誇っている。
間違っていたのは自分だったんだ。
それまで口癖のように「離婚は間違いだった。冷静を失っていたのは自分も同じだった。離婚ではなく側にいて子を守ってやるべきだったんだ」
と言っていた友人は、これまた冷静を失い、元奥さんに土下座で謝罪をした。
可能ならば復縁を考えて欲しいとまで。
元奥さんはそんな友人を笑い、罵倒
「名前はこどもの一生の幸せを左右するもの。それを蔑ろにしたあんたは父親失格。
離婚は当然。あんたが拒否しててもこちらは願い下げ。
面会のとき父親面をさせてやるだけ感謝しろ」
冷静な第3者、特にその家庭に立ち入る余地のない他人という立場から見たら、いま大宇宙爆裂くんが名前を誇れるのは、それを至上と疑わない奥さんに育まれ、まばゆい奥友人の子たち、それに関わる人たちに囲まれているからだとわかるし
確かに離婚は考えるべきだったとおもうが…、致し方ない部分もあるのは理解する
それを伝えた今は友人も冷静
復縁も考えていないし、今はよくても大宇宙爆裂くんは必ず将来苦労する
だから面会できるだけましな今、出来るかぎりのサポートをするつもりだと言う
第3者の私があとできることは、いつか大宇宙爆裂くん本人がその名前を変えたいと目覚める日を待つばかり……
長文失礼
他人のことにつきフェイクは含む