Hagex-day info

紅茶とお菓子について書いているほっこりブログです

はちきれんばかりの「内なる愛」



ひいいいい。きもいっす
・ロミオメール 2

133 :名無しさん@おーぷん:2015/10/03(土)22:47:17 ID:JJu
あらかじめお断りしますが、詳細な事情説明はできませんのでお許し下さい。
共に30代前半。
結婚生活2年半。
子供無し。
去年の夏に夫の浮気相手が我が家に押しかけてきた。発端で夫の不倫が発覚。
まったく気づかなかった自分が情けないけど、結局、夫の不倫相手は未婚2人と既婚1人だったことが発覚。
私が実家に帰った直後に来た夫からのメールです。
本日ようやく離婚協議がまとまったので、厄払いに晒して鬱憤晴らしさせてもらいます。
では晒します。

134 :名無しさん@おーぷん:2015/10/03(土)22:47:36 ID:JJu
女性の嫉妬ほどかわいいものはないと、俺は思っている。
軽くいなせるか否か、それは男の度量だと思う。
お前は俺が他の女に言い寄っていると言うが、それは認識違いだとしか言いようがない。
人間には生まれもった才能というものがある。厳然として、ある。
スポーツ選手を見れば分かるだろう。
凡人がいくら努力してもある程度の所までは伸びるだろうが、天才の才能には決して及ばない。
そういうことなのだろう。
俺に才能がある、と言ってるわけではない。
俺が天才だと言ってるわけでもない。
誤解しないでほしい。
人間には誰しも「生まれもった何か」があるということを言いたかっただけだ。
どうやら俺は、常人よりも愛情というものを多量に備えてこの世に生を受けたようだ。
ここが大事なポイントだからよく理解してほしい。

135 :名無しさん@おーぷん:2015/10/03(土)22:48:01 ID:JJu
俺は手当たり次第に女性を口説いて捨てるような、そのあたりに転がっているような軽薄で不埒な男ではない。
この俺の身に満ち満ちている、常人にくらべて大きすぎる愛情は、とても一人の女性で受けきれるものではない。
お前のことはもちろん愛してる。誰よりも愛してる。当然だろう。
俺のこの、はちきれんばかりの「内なる愛」はいつだってお前に注ぎ込まれている。
しかし、あまりにも多すぎる愛情がお前という器から溢れ出してしまった、そういうことなんだ。
それだけのことなんだ。
俺がお前以外の女に愛を恵んでやったとしても、それはあくまでもお前のおこぼれ。
お前が嫉妬する価値もない、ただのおまけだ。
心配いらない。
第一夫人の座は常にお前のためにあけておく。
だからお前は何も気にせずに俺の愛を全身で浴びて幸せになってほしい。
お前にはその資格がある。そして俺にはそれができる。
俺の言うことが理解できたかい?
できたなら、その嫉妬という名のつまらない感情を捨てるがいい。
俺の愛の器、○美・・・永遠と書いてとわの愛をキミに注ぎ続けることを誓うよ…。
Dear My Best Benus…With My Passion, Romance,And Love…
以上です。
第一も第二もないんだよ。
一番とか言ってる時点で2番目がいるってことじゃないかバカヤロー!
鬱憤晴らしに付き合っていただいてありがとうございました。